1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

バイトを辞めた話

投稿日:

数年前100円ショップでバイトをしていた...
2~3年勤めたので、常連さんとはけっこう仲が良かった...

スポンサーリンク




その常連さんの中に、あるおばあちゃんがいた...

白髪で小っちゃくて腰が曲がっていて、カート?を押しながらゆっくり歩いてくる...そしてお気に入りの黒飴を2~3袋買って行く...

少し耳は遠いけど、いつもにこにこして可愛らしくて、来店頂く度に僕もやたら買い物のお手伝いをしてしまったりしてたw

しばらく楽しく働いてたんだけど、僕は就職が決まってバイトを辞めることになった...

すみません続きます

出勤日数も残り少なくなった頃におばあちゃんが来店されたので、少しの会話の後に辞める事を伝え、お礼を言い挨拶をした...

おばあちゃんは「おめでとうね、頑張ってね」ってしわしわの手で僕の手を握ってくれた...

レジでお気に入りの黒飴を精算し、いつものように財布やらが入ってる小さいリュックを背負うお手伝いをした後のこと...
ごめんねぇ、と言いながらおばあちゃんが泣き出した...

昔、娘さんとお孫さんを同時に亡くして僕にお孫さんの面影を重ねていたこと、僕との他愛ない会話が嬉しいといつもじいちゃん(旦那様)に話していた、と言って涙をぽろぽろ流していた...

丸めたくしゃくしゃのティッシュで目頭を押さえているおばあちゃんを見て、僕も店内に関わらずで泣いてしまった...

スポンサーリンク




本当に泣ける話を集めてみました・・・。


お母さんありがとう
運命とは自分の力で切り開くもんだ





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.