1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



恋愛

歩けなくなった私

投稿日:

私は事故に合ってしまい足が不自由になってしまいました。もう歩けないからだになってしまったんです。
もちろん車椅子なしでは外出もできませんしトイレも昔のようにスムーズに行うことができません。
そんな私からは友人たちも離れていきました。
本当にさみしいです。

でもたった1人事故にあう前からずっと私のそばには彼がいてくれるんです。

何度も八つ当たりしました。
物を投げつけたりひどいことを言ったり自殺をはかろうとしたりも・・・

今思うと恥ずかしいですがこの世で自分が一番不幸だと思っていました。

でも彼は私の側から離れていきませんでした。
リハビリもトイレ、嫌な顔一つせずに介助してくれました。

引きこもりがちになっていた私を何度も外に連れ出してくれたんです。

そんな彼とこの間、食事をしに行った時のことです。
順番待ちをしているとぐうぜん彼の友人達と会い誘いもあったので相席することになりました。

そして食事中彼の友人達が笑いながら話してきたのです。

「まだ付き合ってたんだ!」

「○○は正直面倒だろまだ若いんだし新しい彼女を作った方がいいんじゃない?」

「Hもできないんじゃなー」

「彼女ちゃんもさ考えたら普通別れるよね」と。

その言葉に対して彼は
「うん、そうだな。」
と答えたのです・・・。
心が痛みました。
言葉では表現できない感覚でした。

やはりお荷物だったのか同情だったのか・・・
涙があふれてきました。

スポンサーリンク




しかし彼はそのすぐ後に言葉を続けたんです。

「でも、俺は迷惑だとか思ったことは一度もないし違う彼女がほしいと思ったこともない。
お前らの彼女の基準はHできるかできないかなのか?
だったら寂しいな。
足が不自由だろうが彼女は彼女だ。
俺はこの先もずっと一緒にいるよ。」

そう言って食事代をテーブルに置き、
「行こう。」
と私を連れ出してくれました。

店から出た後、

「そう言う事だからさ・・もう泣くなよ。」
と笑いかけてくれる彼を見て、
ああ、この人に巡り合えてよかったと感じると同時に、私は幸せだと心から感じました。

人に優しくあるためには強くならなければならない。

弱い優しさなんて存在しないよ。

大切な人を傷つけられたらどうか全力で戦ってください。
本当に大切な方はいますので。

スポンサーリンク





遠距離恋愛でやっと結婚できました
交通事故で奥さんの記憶がなくなり・・・





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-恋愛
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.