1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

恋愛

彼は優しいから、いつも少し悲しそうに「すきだよ」と言っていた

投稿日:

彼はいつも眩しいスポットライトの下にいた。

とても人気があったし、実力だって十分にあった。
けれどその分、辛いこともあった。
厳しい世界だ。仲間だってライバルで、どんどん辞めてく。
そんな彼を支えたのは彼の彼女だった。

長年付き合ってるとかってわけではなかったが、すごく愛し合っていた。
彼は彼女の為に頑張ったようなもんだった。
でもある日、彼女は事故でなくなった。飲酒運転だった。

彼は今まで積み重ねてきた努力を捨てた。
その代わり、彼はすごく優しくなった。すごく強い人になった。
やっぱり、そんな彼を好きのなる人はたくさんいた。

でも彼は高校生になってもしばらく彼女を作らなかった。
聞いてみると、「あいつほど本気になれる女がいない」んだと。
そんな中で彼にすごく積極的な子がいた。

会話の中でも普通に好き、と言ってよく困らせていた。
告白したのは数知れない。でも彼はいつも俺じゃだめだよ、と言った。

彼女は心臓に病気をもっていた。そして彼は人が亡くなったりすることに敏感だった。
とうとう彼女は発作が起きたと嘘ついて構ってもらおうとした。

彼は何度嘘つかれても、たくさんの汗をかいて彼女のもとへ向かった。
とうとう彼女は「付き合ってくれないと自殺する」と言った。
さすがに彼は相手にしなかった。まさか、と思ったのだろう。

でも彼女は本当に自殺しようとした。彼の目の前で電車のホームで飛び込もうとした。
彼は彼女と付き合いだした。彼女の口癖は「私のことすき?」だった。
彼は優しいから、いつも少し悲しそうに「すきだよ」と言っていた。

そんなある日、彼のお父さんが亡くなった。
体育祭の練習をしているときだった。彼はクラスのみんなにこう言った。
「あの、なんか・・・」こっからは彼は泣いていた。

スポンサーリンク


俺は生まれたときから彼と仲良くしていたが、泣いたのは初めてみた。
「今、俺の親父・・氏んじゃったんで・・・」彼は泣いてることを隠そうとしていた。
「ごめんなさい・・練習抜けます・・」彼は走っていってしまった。

彼のお父さんが前から危なかったの知っていた。でも彼女は知らなかった。
その時彼女はすごく驚いた顔をしていた。意味が分からない、と。

きっと彼はもうあまり長くない彼女にはいえなかったのだと思う。

彼は誰に対しても優しかった。さりげなくやさしかった。
よく相談されたりしている所を見かけた。彼は慕われていた。

彼はお父さんが亡くなってから働くことになった。
彼には妹がいた。まだ中学生になったばかりだった。

迷わず高校を辞めて、彼は必氏に働いた。
ときどき、夜中に仕事帰りだと思われる彼をみかける。
たまに電話しようかな、とか声をかけようかなと思うけど、

こんな風に何にも一生懸命じゃない俺は恥ずかしくてできない。
彼女とはどうなったかは知らないが、きっとまだ付き合っていると思う。
俺は彼を尊敬している。

スポンサーリンク



交通事故で奥さんの記憶がなくなり・・・
両親 兄貴も交通事故で奪った悲しい話

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-恋愛
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.