1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

友達

乳がんの恐ろしさ

投稿日:

この話はつらい病気で友人がいなくなってしまった辛い話になります。

親友のMとは幼稚園からの長い付き合いです
高校で別の学校になってもずっと変わらない関係でした

スポンサーリンク


Mはいつも笑顔で、怒ることなんてありませんでした
他の子にちょっとからかわれてもいつでも笑っていました
太陽みたいな子でした

Mと私は2人きりの時は真面目な話もたくさんしました
何か悩んでいる時いつでも私が最初に相談するのはMでした
Mの1番の相談相手も私だったと思います
私が相談した時、いつでもMは「大丈夫だよ」と言ってくれました
Mのその言葉でいつも私は安心出来ました
どんなに落ち込んでいても、不安があっても、大丈夫と思えました

Mと部屋で話をしていた時でした
Mは「実は来月入院することになったの」と言い出しました
驚く私にまるで他人事みたいに「乳ガンになっちゃった」と続けました
「初期だから全然大丈夫だよ」と笑って言うMの言葉を信じるしかありませんでした・・・。

Mは入院して手術を受けました
私はMの負担にならないように出来るだけお見舞いに行きました
病室での彼女はそれまでと変わらない笑顔でした

しかし病魔はMの体を蝕んでいたのです
手術が終わって退院予定日になってもMは退院出来ませんでした
「ちょっと延びただけだから大丈夫」とMは笑っていたけれど衰弱しているのは明らかでした

Mはそのまま退院することなく天国へ旅立ってしまいました
最後に会った日、弱弱しく私の手を握りながら「大丈夫」とMは言いました
でもその目には涙が光っていました
私が初めてみたMの涙でした

Mがいなくなってしまった今、何か悩んだ時は空を見上げるようになりました
「大丈夫」と言うとMの笑顔が浮かんで頑張れる気がするから・・・。

本当に乳がんは身近で起こりうる病気です。だからこそ女性は早期発見を出来るように定期的に乳がん検診を受けてほしいです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-友達
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.