1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

バイトで限界を向かえた

投稿日:

バイトで限界を向かえたはなしになります。
この話は僕が大学生の頃の話になります。
カフェ喫茶でバイトをしていた僕・・・。
そのカフェ喫茶には2年の時から勤めていてもう4年目でベテランの部類に入っていました。

社長が変わって環境が変わりまだ慣れないある日。
いつも混む時間帯より少し早い時間に社長は銀行、休憩に行ってしまいお店には僕を含め3人が残りました。

ただ僕以外の2人はまだ初心者マークを付けているようなド新人ですが。
でもまぁ、いつも暇な時間帯だし、どうにかなるだろうと気楽に構えているとひとりふたりと、お客さんが...。

そしてレジが少し忙しくなり手の空いていた新人Kにドリンク作りを頼むと、「僕まだ作れません」とのこと。

仕方なく他の作業をしていた新人Oに頼み、また接客していると
「お待たせしました~」と新人Oが持ってきたドリンクは、本来の物とどこか様子がおかしい。

聞くと作り方がわからず勝手に解釈して作ってしまったようで・・・。

そこからリズムが狂い始めそんな時に限りレジ前にはお客さんの列が・・・。
「できません」を連呼するできることがほぼない新人2人。
教える時間さえもない・・・。

かなり忙しそうな僕の横でなぜか平然と今やる必要のないトレー拭きをやっている新人。

久しぶりのバイトだった僕は新人の状況を把握していなかったのでそんな新人2人残して銀行に行った社長を恨みつつ
レジ、ドリンク、フード、洗い物ほとんどを1人で回してそんな状態が2時間くらい続き限界を越えてしまい泣く寸前(ほぼ泣いてたと思いますが)
お客さんは誰1人として責めずに待っていてくれたことに心から感謝しました・・・。

ベテランだったとはいえいつも3人から4人でやっていることを1人で長時間やるというのは辛かったです。

でもお客さんの暖かさがあったからこそ頑張れたんだなと感じました。

心がほっこりとした瞬間になりました。


嫁の手帳に書かれていた感動話
母子家庭の中での家族の感動話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.