1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

感動する話

仕事で認められる

投稿日:

仕事で認められるというやりがいを感じることができた話になります。

私は高校を卒業してから昔縫製工場で働いていました。

最初はミシンに慣れていなかったということもありよく上司にも怒られていました。

毎日不安な日々・・・・。仕事に自信なんてありませんでした。

職場には怖いリーダーや性格のきつい人もいたため、私は隅っこで小さくなっていることが多く休憩中も会話無し。

そして私が入社して3年くらい経った時のことでした。

各個人の能力によって級が決められるという話です。

予想していた通りあまり良い級にはなれませんでした。

リーダーは私があまり仕事が出来ないとよく言って来ましたが、それは毎回同じ仕事しか与えないからでした。

級決めの時の用紙に、今どんな作業が出来るかの項目もありました。

当然ですが一度もやったことがない作業には丸を付けられません。

それなのにリーダーは「あなたなんか出来る事少ないんだから」と私の能力が低いと勝手に決めつけて来ました。もちろんイライラは最高潮に・・・。

そのうちその級制度も自然に無くなり、私が別のラインに移動してからでしょうか。

何だか周りの私に対しての態度が軟化してきたように感じました。

スポンサーリンク


私は自分でも気づかないうちにかなり力を付けていて、難しい作業もこなせるようになってきたんです。

そうなるとサンプル作りも任されるようになり、リーダーからも信頼されるようになりました。

以前のリーダーとは違い、とても話がわかる人だったのも良かったのでしょう。

この頃から私は自然と会話をするようになったのかと思います。

リーダーは一人一人の能力を伸ばすために、いろいろな作業を任せてくれたので、仕事をどんどん覚えていきました。

そのうち私の仕事はサンプル作りがメインになりました。他の人が時々サンプル作りをする時に、作り方がわからないと色々聞いてくるようになりました。

昔は私が聞く立場だったのに、この頃は私が教える立場になっていました。

リーダーや他の上司からも信頼され、「この班で任せられるのはあなただけ」と言われた時は本当に嬉しかったです。

あんなに下に見られて、仕事が出来ないと散々罵られていた私がこうして上の方達から信頼されるようになるなんて思いもしませんでした。

そして最初の頃「きつい人だなあ」と苦手だった人がいたのですが、その人が私の作ったサンプルを見てしみじみとこう言いました。

「本当に丁寧で綺麗に縫ってるよね」と・・・。

私はやっと認めてもらえたんだと心から嬉しくなりました。

最初の頃私を罵っていたリーダーは気がついたら退社していなくなっていました。

それから辞めるまでの数年間は、周りの人たちから信頼され、頼られ、仕事も本当に楽しく夢のような時間を過ごせました。

今思い出してもあの経験はその後の私の自信に繋がるとても感動する出来事でした。どんなに駄目な人間でも、真面目にやればいつかは認めてもらえるんですね。

なので今自信がなくて何もできないなんて思っている方がいたらそれはやらない、やれないだけの理由かもしれません。きっかけや行動すれば何かが変わるはずです。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.