Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

好きな芸人は江頭2:50

投稿日:

感動する話の実話になります。

こんな素敵な話があるなんて・・・・。

芸人の江頭2:50さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた...

ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭2:50さんに

「つまらないの」

スポンサーリンク




と呟いた...

それを耳にした江頭2:50さんは当然、

「お前、もう一度言ってみろ」

と怒鳴った...

すると車椅子の女の子は、

「だって全然面白くないんだもん」

と呟いた...それを聞いた江頭2:50さんは、

「なら、お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか???」

と言った...

そして、断言通り毎日仕事の合間にその公園に行っては、車椅子の女の子にネタを見せ続けたのだ...

しかし車椅子の女の子を笑わせるどころか呆れさせていたのは言うまでもない...

1ヶ月が過ぎた頃、毎日のように散歩に来ていた車椅子の女の子が突然、来なくなってしまった...

次の日も女の子は姿を現さなかった...

そして1週間が過ぎたある日、女の子がふと現れたのだ...

江頭2:50さんはすかさず駆け寄り、いつものくだらないネタを見せた...

しかし、いつもは全く笑ってくれない女の子が初めて少し笑ってくれた...

江頭2:50さんは調子に乗り、下ネタを連発してやった...

女の子は当然、

「それは最低…」

と一言...

そして日も暮れ、江頭2:50さんが

「また、明日も来るから、ちゃんと待ってろよ」

と言うと、女の子は

「勝手に来れば!!」

と言った...

次の日、女の子は公園には訪れなかった...

江頭2:50さんは頭にきて隣の病院へ行き、車椅子の女の子を探した...

担当の看護婦を見つけて事情を尋ねると、女の子の容体が急に悪化して今朝他の病院に運ばれ、昏睡状態だという事を知らされた...

そして、看護婦に女の子の日記を渡された...

そこには『大好きな芸人 江頭2:50』と書かれていたそうだ...

10年経った現在でも、月に1度はその公園に来ては花を手向け、1人でネタを披露するそうだ...

本当に人間として素晴らしい人です。

スポンサーリンク




本当に泣ける話を集めてみました・・・。


お姉ちゃんへの手紙
素晴らしい上司





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.