1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

残された家族のやるせない気持ち

投稿日:

残された家族のやるせない気持ちが伝わるので悲しいですが見てください。

私がよく通る道に綺麗な花が手向けられている電信柱があり、通る度に供えられた花の種類が変わっていたので大切な人を亡くしたんだろうなと気になって見ていたんです。
とある日にそこを通るとその電信柱の前を通ったらその花が荒らされていたんです。
しかし次の日通ると花は綺麗に新しくなっている。
だがその日の夕方に通るとまた花が荒らされていた。
その後荒らされる→新しい花→また荒らされるというのが繰り返されていました。

スポンサーリンク




私は猫や鳥に荒らされたのかな?と思いつつ通り過ぎていたが、
ある日偶然にもその花を荒らしている最中の女性を発見しました。

私はとっさに車を降り、
「何してるんですか!」と話かけた。
するとこちらを向いた40~50代位の女性に女性が
「○○ちゃんを返して?」と号泣しているんです。

虚をつかれうろたえながら彼女を宥めつつ話しを聞くと、
彼女は娘さんをここで亡くしたとのことでした。
娘さんは歩いていて、車に突っ込まれた。
運転していた男性もこの電信柱にぶつかった衝撃で亡くなった。
この花は加害者の男性の家族が供えているものだと。
その花を見る度に娘を思い出してしまい、いたたまれなくなって
花を荒らすようになってしまった。
といった感じでした。

「もうこんな事はしませんから・・・」
と泣きながらふらふら帰っていく彼女を見て
やるせない気持ちになり暫くそこに立ち尽くしてしまいました。

本当に心に穴があいたような感じになりました。ご家族のかたは本当に辛いのかと・・・。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.