1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

ドキドキの人生

投稿日:

おれが学生時代の話、そううちの大学で同級生の女の子にものすごくがりがりに痩せた女子がいたんです。
おれは細身の娘が好みだったのでお声掛けを・・・。
程なく恋仲になることにも成功しました。

しかし「その子は心臓に大穴が空いていて苦しい。子供も無理・・・。諦めるなら今のうちだよ。」と告白された。
本人は本気で死ぬ気だったらしい。
おれは迷うことなく、恋人のままでと伝えた「。
出来る手術があるのならと方々の心臓外科を探しまくってなんとか手術にこぎつけたんだ。

そして手術の日・・・。

成功した。本当にうれしく大号泣!!!!
術後も良好でした。
でも、子供は無理ですね。
受胎しないだろうと言われた。

スポンサーリンク




当然、親同士は結婚に猛反対され・・・。
オレの親は勿論、向こうの両親も。
だが無視。
無視し続けてもなを、説得も続け、6年掛けてやっと挙式、入籍しました。

10年後、余程経過が良かったのか、妊娠が発覚したんです。
主治医に相談したら、妊娠できたのなら出産は問題ないだろう「挑戦しましょう。」なんか軽い医者・・・。

オレの女房だぞ?オレの子供だぞ?大丈夫なんだろうな!?

だが無事出産。
3,000g元気な男の子でした。
あまりに嬉しくて涙が止まらない。
だがその子に半年後、かみさんに似たような心臓障害発覚・・。
成長しないだろうってどういう事?「様子を見ながら出来るものなら手術をしましょう。」かみさんの執刀医の紹介で小児心臓外科の先生にお願いする。
頼むから生きてくれ。

また手術の日・・・。

成功した。
これ以上ないくらいの喜び。

あれから15年。
ころころ太ったかみさんが居る。
「うぜえんだよ、親父。」憎まれ口を聞く、ちょっと小振りな男子高校生が居る・・・。
さえないサラリーマンの普通の一家がある。

かみさんにも、せがれにも言わないが、幸せを噛みしめている。

こんな俺でも幸せをつかめた!

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.