1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

13年後のしんちゃん家

投稿日:

13年後のしんちゃん家の話になります。この話を見てじーーーーんと来ました。その話になります。僕はシロ、しんちゃんのともだちです。

13年前に拾われた1匹の犬。真っ白な僕を、しんちゃんは「わたあめみたい」…だと言われて、おいしそうだから抱きしめられた。あの日から、ずっといっしょです。

 「行ってきマスの寿司~」あいかわらずの言葉といっしょに、しんちゃんは家から飛び出していった。

真っ黒な上着をつかんだまま、口に食パンをおしこんでいるところを見ると、今日も遅刻なんだろう。どんなに大きな体になっても、声が低くなっても、朝が弱いのは昔から。

特に今年は、しんちゃんのお母さんいわく「ジュケンセイ」というやつだから、さらに忙しくなったらしい。

たしかに、ここのところのしんちゃんは、あんまり僕にかまってくれなくなった。しかたのないことだとしても、なんだかちょっと…うん…。

さみしいかもしれない。せめてこっちを見てくれないかな、という気持ちとがんばれという気持ち

2つがまぜこぜになってとにかく少しでも何かしたくてね。。。

小さくもえてみようとしたけどできなかった。

なんだかとても眠たい。ちかごろ多くなったこの不思議な感覚ゆっくり力が抜けていくような。あくびの出ないまどろみ。閉じていく瞳の端っこに、しんちゃんの黄色いスニーカー映って。あぁ今日もおはようを言い損ねたと、どこか後悔した。

「シロ。シロ」あっ、しんちゃん…おはよ…

あっ、ひまわりちゃん。「シロー!朝ご飯だよ。」そう言いながらこちらを覗き込んでくる顔は、しんちゃんに似ていて。やっぱり兄弟なんだな、と思う。

「シロ。ほらご飯。」山盛りのドッグフード。まん丸目のひまわりちゃん。

あんまり興味のない僕のごはん。困った顔のひまわりちゃん。

お腹は減っていない。でも食べなければひまわりちゃんはもっと困った顔をするだろう。

「いいよ」
「お腹減ったら、食べてね。」

ギュッ・・・。ぎゅっと抱きしめてひまわりちゃんが立ち上がると

段々になったスカートをくるりと回して
そばにあったカバンを持つ
学校に行くんだ。

スポンサーリンク




「いってらっしゃい」と言おうとしたけれど
やっぱり言う気になれなくて僕はぺたんとねころんだ。へいの向こうにひまわりちゃんが消えていく。

顔の前に置かれたおちゃわんを、僕は鼻先ではじに寄せた。お腹はぜんぜん空いていないごはんを欲しいと思わなくなった。

おさんぽにも、あまり興味はなくなった。

でも…

なでてもらうのは、まだ好き抱きしめられるのも、好き・・・。

「ジュケンセイ」っていうのが終わったら、しんちゃんは。
また僕をいっぱいなでてくれるのかな。そうだといいんだけどな。

目を開くと、もう辺りはうすむらさき色になっていて

また、まばたきしているうちに一日が過ぎちゃったんだと思う。ここのところ、ずっとそうだ。何だかもったいない。

辺りを見回して鼻をひくひくさせる。しんちゃんの匂いはしない…

まだ、帰ってきてないんだ。さっき寄せたはずのおちゃわんのごはんが、新しくなっている。

お水も入れ替えられている。のろのろと体を起こしてお水をなめた。冷たい。

この調子ならごはんも食べられるかと思って少しかじってみた。

ダメだった

口の中に広がるおにくの味がキモチワルイ。

思わず吐き出して、もう一度ねころがる。

夢のなかは、とてもしあわせな世界だった気がする。僕はまた夢をみる。しんちゃんと最後に話したのはいつだっただろうか。

月灯りふんわり落ちてくる夜はあなたのことばかり考えても考えてもつきることもなく月灯りふんわり落ちてくる夜はあなたと2人きり

海のはてへと続く月の路歩きたい風にのせて伝えたいそんな想い一人抱きしめる…。

本当に泣きました。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.