1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

リンゴの季節

投稿日:

私は3歳のときにお父さんを亡くしたそうです。
それ以来、私をひとりで育ててくれたお母さんも私が中学3年生の時に突然の心臓病で亡くなったんです・・・。
その日のことなんですが書かせて下さい。

近所のスーパーに勤めていたお母さんなんですが私が学校から帰ると勤めを早退したお母さんは布団で寝ていたんです。
「お母さん、どうしたの???大丈夫?」と聞くと
「心配しないでもいいよのよ。ちょっと風邪をこじらせただけだからさ」
とか細い声で答えてくれました・・・。

スポンサーリンク




お母さんは昨日からなにも食べてない様子だったので
「なにか買ってこようか???」と聞くと

「期末試験中で大変なのにいいの?」
「もしよかったらお母さんリンゴが食べたい」
「じゃあ、すぐ買ってくるね」
しかし・・・。私がリンゴを買って家に着いたときにはお母さんはもう冷たくなっていました。
枕元にほんのわずかな時間に苦しみながら書いたお母さんの言葉の走り書きがありました。

「OOひとりになってもお母さんお父さんはいつも守っているよ。ありがとう」
とありました。

それ以来リンゴを見ると食べることもできなくなりました。

私にとってのこの季節はただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。

本当に1人になってしまったつらい季節・・・。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.