1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

年の離れたかわいい妹の話

投稿日:

年の離れたかわいい妹の話をさせてください。
その妹とは10さいも年が離れてるんだ。
しかも俺が13歳で3歳の時に母が死んでしまって大変だったさ・・・。、
だから俺が母代わりみたいなもんだった。
父親は仕事で忙しかったからつねに妹の世話はほぼ俺の担当でさ。
飯食わせたり風呂入れたり自分なりに一生懸命やってたと思う。

そして妹が5歳の時のことなんだけどさ。
保育園に妹を迎えに行ったんだけどなぜか大泣きしてやがるんだ。
妹になんで泣いているのか聞くとお遊戯会の役目を決めてて妹はやりたかった役になれなかったらしいんだ。
それは仕方ないだろ、あきらめろと最初は話してたんだがさ・・。
でもよく話を聞いてみるとどうもおかしい。
劇にはいろんな動物や妖精や探検家が登場するらしんだけど女の子の一番人気は妖精みたいなんだ。
妹も当然妖精がやりたかったようだ。
希望者多数だったので、決定は恨みっこなしのジャンケンで・・・。
妹は見事勝ち抜いて妖精5人のうちの1人に選ばれたみたいなんだ。

ところが、先生が

「○○ちゃんは動物の方がいいんじゃない?」

と妹を妖精役から外したというんだ。
そんな馬鹿なと思いながら、俺はすぐに保育園に電話して確かめたんだ。
そこで分かったのは、劇の衣装は保護者が作らなければいけないことだったんだ。
そして、妖精のひらひらの衣装はとても難しくて俺の家では無理だと判断さてだったんだ。
お面などを作れば済む動物役に妹が割り振られたことだった。

先生も悪気があった訳じゃないんだろうが、俺は妹に母親がいない引け目をなるべく
感じさせたくなくてそれまで頑張ってきただけにショックで妹にも申し訳なかった。
それで、服なんか作ったことがないけど、家庭科実習とボタン付けくらいしか経験がなかったけど。

「絶対に作るから妹を妖精役にしてやってくれ」

って頼み込んだんだ。
結局、先生が根負けして妖精は6人になった。

それから、俺は放課後になると学校の家庭科室に通い詰めた。
そして教師も同情して

「作ってあげるよ」

スポンサーリンク


って言ってくれたけどさ俺は意地でも自分の手で縫い上げてやりたかった。
ほかの子と同じように、家族が愛情込めて作った衣装で舞台に立たせてやりたかったんだよ。
2週間ほとんど掛かりっきりになって衣装は完成した。

ふんわり広がるスカートにレースを使った羽根、花の形の襟元を。
縫い目はよく見るとガタガタだったんだけど、普通に着てる分には他の子と全然変わらなかったと思うんだ。
着せてやった時の最高の笑顔も、
舞台でのまじめくさった顔もその夜衣装を着たまま寝ちゃった寝顔もずっと覚えてるよ。

実は妹が近々嫁に行くことになってさ。
こないだ、披露宴で流すビデオに使うとかでさ・・・。
小さい頃俺が撮ってやったビデオごっそり持ってったんだけど、
あのお遊戯会の映像流れたらやばいw確実に泣くわなw
妹は多分衣装のこと覚えてないし、映像は俺が号泣してたせいでぶれまくりだから大丈夫とは思うが。

式での妹は綺麗だった。
本当に綺麗で綺麗でまぶしくて立派で輝いてて、
でもなんかおれがつききりで世話してたころのちびの顔そのまんまな気がした
何でかな大きくなってからはあんまりそんなこと感じなかったのに
ウェディングドレス着て完璧にメイクしてるのに
見れば見るほど泣きべそかいてたちっちゃいころまんまで・・。
思わず笑ったつもりが号泣してしまった。
絶対泣かないとか無理に決まってるのに強がってたおれが馬鹿だった。
しかも最後に、これが一番の宝物、嫁入り道具に持っていくって。
あのときの衣装だったんだよ。
まじで泣いたわ。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.