1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

家族の泣ける話

投稿日:

家族の泣ける話になります。
我が家のおばあちゃんのぼけは日に日に進行していって次第に家族の顔もわからなくなったんです。

スポンサーリンク


お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んでたがそれすらも自分の母親と思い込んでいるらしかったんです。
俺と親父は、ばあちゃんと顔を合わせるたびに違う名前で呼ばれたんだ。
あるとき俺がお茶を運んでいくと、ばあちゃんは俺に
「駐在さんご苦労様です。いつもありがとう」とお礼を言って話しはじめた。
「オラがちにも孫がいるんですけんど、病気したって見舞一つ来ねえですよ…
昔はばあちゃん、ばあちゃん、てよくなついてたのにねえ…」
そう言ってばあちゃんが枕の下から取り出した巾着袋には、お年玉袋の余りとハガキが一枚入っていてさ。
よく見てみるとそれは、俺が幼稚園の年少のとき敬老の日にばあちゃんに出したものだったんだ。
「ばあちゃんいつまでもげんきでね」
なんてヘタクソな字で書いてあったものだからさ。
俺はなんだか悔しくて悔しくて部屋を出た後メチャクチャに泣いた。
もっとばあちゃんを大切にしなきゃと誓った日でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.