1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

家族の絆

投稿日:

家族の絆・・・。を感じた瞬間でした。

俺さ以前病院勤務してたんだ。

スポンサーリンク


看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。

そして掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。

よく知らずに入ったらさどうやら患者さんもうそろそろ・・・って場面だったんだよ・・・。

「まずい部屋に入っちゃったよな。」って思いながらも仕事だから仕方なく掃除をしたんだ。

そしたらさ旦那さん(40後半位か?)が寂しそうな笑顔でありがとうって言ってくれるんだよ。

家族としての最後の場面を邪魔したような気がしてなんか居た堪れなくなって目に見えるところだけ掃除して出てしまったんだもう逃げるようにな。

部屋から出て廊下を掃除してたら中から声が聞こえてくるのよ。

掃除途中で出てきちゃったから「なんか文句言われて無いかな」って思ってたらさ・・・。

旦那が子供に「ママにチューしてあげなよ。もう何年もしてないだろ?最後にもう一回な。

ちゃんと、『ありがとう』『心配しないでね』『またどこかで会おうね』って声掛けろよ?

泣いてばかりだとママも心配してしまうからな。」って言って出てきたんだよ。

でもさその旦那は部屋から出たとたんにしゃがみ込んで泣き始めたんだよ。

多分子供の前では子供の気持ちを楽にさせようとして強がってたんだろうな。

子供に言わせた言葉は、自分が何度も心の中で呟いた言葉なんだろうな。

俺も、最愛の人が亡くなる場面に立ち会うことがあったら『またどこか出会おうね』って言葉を言いたいよな。

こんなつらくて泣ける場面に遭遇してしまったんだけど命の尊さを感じました。

泣きました。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.