1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

母と祖母へ

投稿日:

私が四歳の時、両親が離婚した。
母と私と弟は、母方の祖父母と一緒に暮らすことになった。
引っ越すことになったけれど、当時幼稚園でいじめられていた私は、
(もちろん離婚の意味なんて理解していなかったけれど)
別の幼稚園に通えるということが嬉しくて仕方なかった。

幼稚園では友達もたくさん出来た。みんな小学校も同じで楽しかった。
中学になると、隣の小学校の子達と一緒になり、人数は倍になった。
けれど、元々ちょっと変わり者だった私は、中学から新しく同級生に
なった子達とあまり反りが合わなかった。
更には、中学の強烈な「先輩・後輩」の関係に馴染めず、ついには
中学一年生の二学期から学校に行けなくなってしまった。

当時は、ようやく「不登校」「登校拒否」という言葉が出来たばかり。
しかも地元はかなりの田舎だったため、ずっと家に引きこもっていた。
叔父さんがくれたパソコンを相手に、一日中ほとんど動くことのない生活。

その時の私に対し、祖母はいつも厳しかった。
責任感が強く、良い意味でも悪い意味でも世間との付き合いを大事にする。
そんな彼女は、ただでさえ片親の私が学校に行かなくなる、という事実が、
私の未来を永遠に閉ざしてしまうように思われたのだろう。
「先生たちも来てくれて申し訳ない」「近所の人になんて思われるか」
母にも、「引きずってでも学校に連れて行け」といつも言っていた。

ある日、仕事をしていた母が昼休みで家に帰ってきていた時のこと。
発端はなんだったか忘れたが、祖母は泣いていた私に、
「お前は泣けばいいと思ってる」と言った。私は更に激しく泣いてしまった。

するとその時、母が私を抱きしめた。そして祖母に向かってこう言った。
「この子だって泣きたくて泣いてるわけじゃない。この子が一番辛いのよ。
だからそんな風に言わないで!」
母も泣いていた。
その時から、私の中で何かが吹っ切れた。

スポンサーリンク




私は、二年生に進級した時をきっかけに、学校に通えるようになった。
中学の残りの二年間はとても楽しく過ごすことが出来た。友人にも恵まれた。
高校からは地元を離れたが、そこでも多くの友を得た。
そして今、なんとか社会人として自らの生計を立てることができている。
心から信頼できる恋人もできた。

中学を卒業してから思ったことがある。
祖母はいつでも私のことを、私と弟のことを考えてくれていたのだ。
早くに亡くなってしまった祖父の分まで。
だから祖母は今でも口うるさいし、二十歳を過ぎた私たち姉弟に向かって
「早く風呂に入れ」「早く寝ろ」「ちゃんと食べてるか」などと言ってくれる。
うるさいと思う反面、とてもありがたいことだとも思う。

母と祖母は、今はあの家に二人きり。飼っている猫が、私たち姉弟の代わりだ。

母よ、いつでも私たちを愛してくれたあなたを尊敬しています。
祖母よ、嬉しいことを素直に嬉しいといえない不器用なあなただけど、大好きです。

長生きしてほしい。いつまでも元気でいてほしい。今、それを切に願っています。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.