1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

お母さんの炊き込みご飯の泣ける話

投稿日:

お母さんの炊き込みご飯の泣ける話
お母さんのおいしいご飯の泣ける話になります。
俺は小学生の頃に母の作った炊き込みご飯が大好物だったんだ。
特にそれを口に出して言った事は無かったけど母は判っていてさ・・・。
まじこんなわがままな俺・・。
家庭は貧乏なのにさ・・・。
誕生日や何かの記念日には我が家の夕食は必ず炊き込みご飯だったんだよ。

スポンサーリンク




高校生位になるとさすがに「またかよっ!」と思う様になっていたのだがね・・・。
家を離れるようになっても、たまに実家に帰ると待っていたのは母の
「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」の言葉だったんだよな・・・。

そして急に・・・・・。
おれは会社に電話が来て慌てて向かった病室には既に近くの親戚が集まっていたんだ。
モルヒネを打たれ意識の無い母の手を握り締めると母の口が動いたんだ。
何かを俺に言いたそうだった。母の口元に耳を近づけると
「炊きこ・・・たよ。たくさ・・・・さい・・・」と消え入りそうな声で言っていた。
それがお母さんの最後の言葉だった。

「ママの作ったスパゲッティー大好き!」口の周りを赤くして
スパゲッティーを食べる娘とそれを幸せそうな目で見つめる妻を見る度に
お母の炊き込みご飯が食べたくなる。

本当にありがとな・・・。

スポンサーリンク





高校生時代の裏切られた辛い恋愛話
母が私が2歳の時に癌で・・・・





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.