1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

海が俺の彼女を奪いました

投稿日:

海が俺の彼女を奪いました。今でも憎い海。きれいな海でも俺には黒い悪魔にしか見れません。

そんな悲しい話なんですが、俺の彼女は可愛くて、スタイルよくて、性格よくてまさに完璧の自慢の彼女でした。

おれは高校に入る前に一目惚れした。
彼女も一目惚れしたらしく、告白してくれて喜んで付き合ったんです。

俺は彼女に夢中になった。
彼女とは別の高校だったが、彼女が可愛くて可愛くてたまらなかった。 ほぼ毎日遊んだ。
しかも俺に「はじめて自分から好きになった」って言ってくれた。

俺らはケンカもなくほぼ毎日遊んだ。
高校生ということも忘れるくらい。

地震の前の日には2日後に遊ぶ約束をしてバイバイした。

次の日学校にいる時に「東日本大震災」がきたんです。
俺は彼女に連絡したが・・・。

スポンサーリンク


通じない。

俺の家の前まで津波がきていて、彼女の家が海の目の前という事もあり心配になった。
夜真っ暗闇の中彼女の家の近くまで来たが、冠水していて先に進めなかったんです。

次の日からその場所は警察官が通行止めをして通れなくなっていた。
徐々に心配が不安になっていった。

地震から1週間後。
彼女と再開出来たのは遺体安置所でだった。

俺は正直彼女の遺体を見たくなかった。
周りには損傷が激しい遺体がある中、 俺の彼女の遺体はすごくキレイだった。

どうやら母親と父親と車で避難途中に津波にのまれたらしい。

俺は号泣した。

俺は身内でもなく、彼女の遺体を見に来たので、付き添いの警官もいるし、本当は抱き締めてあげたかったけど、頭を撫でるのみしかできなかった。

彼女の遺体と父親、母親の遺体は親戚に引き取られて無事火葬されました。
震災から3年経った今も俺は親戚の家の彼女の遺影に毎日会いにいってます。

震災の前の日に撮ったプリクラを見ると、この日に戻ってほしい気持ちと彼女に会いたい気持ちでいっぱいになります。

それからと言うもの毎週土曜日は彼女が会いに来てくれてるような気がして、、、、

涙が出ます。

いまだに彼女なしですが、不思議と寂しさはない。

「ただ彼女ともう1回会いたいです。」

好きって言って抱きしめたいです。

でもかなわない・・・。海は怖い。本当に怖い。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.