1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

戦争の爪痕

投稿日:

戦争の爪痕は長く残るんだなと感じた日があります。この話は数年前に亡くなったおじいちゃんから聞いた話になります。

戦争も末期の時、陸軍飛行隊の整備兵だったじいちゃんは、
内地の飛行場にいたが、あるとき転属命令が出て
分隊ごとに整列させられて2つのグループに分けられたそうです。

同じ部隊に仲のいい同郷の先輩がいたんだけど、
その人は分けられた別の隊で、じいちゃんとは違う場所に転属になったそうです。

スポンサーリンク



移動日の前夜その人が、もう会うことも無いだろうからと大事にしていた私物やお菓子、羊羹、缶詰などをたくさんくれたそうです。

後で聞くところによると、半分に分けられて別のところに行ったほとんどの方は、沖縄戦で戦死されたとのことです。
じいちゃんは大陸の飛行場に転属して終戦まで生き残りました。
あのときは人数さえそろってればいいというようなわけ方だったで、ひょっとしたら自分が沖縄に行っていたかも
しれないと言っていました。
そして、先輩の別れ際の寂しそうな顔のくせに陽気な振る舞いと
前夜もらった羊羹の味が忘れられないとも言っていました・・・。

戦争は本当に爪痕が残ります。永遠に地球上から争いがなくなるのを祈るばかりです。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.