1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

父と猫のみぃ

投稿日:

父が棺おけに入った夜の悲しい話。
家族だけの最後の夜・・・。
棺おけの上にねこのみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていたんです。
砂を掘るように一生懸命あけようとしていたみぃ・・・。
母と私はそれをとめなかった。本当に一晩中みぃは父に触れたくて必死だったのだ。
私達は泣いた。猫にも最後のと分かるのだ。

スポンサーリンク




父がお骨になった日の出来事・・・。
もう一生父の顔を見れなくなったあの日の事。
みぃはいなくなった。父と一緒に行ったのだろう。
母も私のみぃを探さなかった。
父も寂しいのだろう。みぃはついていったのだろうと。

「いつも俺の後をついてくるんだぞ。みぃは俺の護衛なんだ。」
そういっていた父の言葉を思いだした。
本当にそうだったみぃ。
本当は私達もついていきたいくらいだったんだよ。
その変わりみぃがついていってくれたんだ。

父の49日の日に猫が迷い込んできた。
みぃは女の子だったけど、男の子の猫だったんだ。
ずっとうちの前で泣いていた。その猫をどうしてもほっておけなかった。
今もうちにいる猫ちゃん。

そういう繋がり。大切にしていきたいんだ。

おやじ、みぃ元気にしていますか?

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.