1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

幸せが一瞬でくずれた 全編

投稿日:

幸せが一瞬でくずれた 全編です。
俺が結婚したのは俺が20の時で妻が21の時だ。
おたがい学生結婚だったんだ。
2年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたがあるとき妊娠が発覚したんだ。俺は飛び上がるほど嬉しくてひとりではしゃぎ無茶はするな、という妻の言葉も無視し次の日には退学届けを提出した。

叔父さんの経営している会社にコネで入れてもらった。とにかく俺はやる気満々で働きまくって子供元気に育てるぞ!ってなもんだった。
単純だった。

スポンサーリンク


その後しばらくして交通事故で妻がお腹の中の子と一緒に死んだと・・・。このあたり本当に今でも良く思い出せない。
なにやら言う医者につかみかかって殴り飛ばしたこと妻を轢いた車の運転手の弁護士を殴り飛ばしたことはうっすら覚えている。(むちゃくちゃだ)そのあとは本当に記憶が曖昧だったけど葬式もきちんとすませ手続きをこなし何日か実家で休んだあと家に戻った。
それからは日付の感覚もなくテレビも見ずただ米を炊いて食って過ごした。自分が鬱なのだとか落ち込んでいるのだとかそういう思考もなかった。本当に何もやる気が起きなかったんだ・・・。
なんとなく、カッターで指先を軽く切っては治るまで放置するとかいう今思うとほとんど病のような事を繰り返して過ごした。
突然夜中に涙がぼろぼろ出てきて混乱したりしたが・・・。死のうという気持ちもなかったと思う。
当時のことを友人や親に聞くと様子伺いの電話などにはきちんと受け答えしていたというのだがあまり覚えていない。おそらくそんなこんなで半年は生活していたと思う。

ある時夢を見たが、何の夢かは覚えていなかった。とにかくひたすら謝っていたように思う。ふと目が覚めてなんか悪夢をみたなと体を起こしてその光景に心臓が止まるかと思った。
目の前に小さな女の子がちょこんと座って俺を見ている。なんだこれは、夢か?まだ夢か?と思いながら自分の心臓の鼓動で視線がぐらつくのを感じてびっくりした。とっさに水子の霊だと思った。

スポンサーリンク



遠距離恋愛でやっと結婚できました
交通事故で奥さんの記憶がなくなり・・・

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.