Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

当たり前の幸せを

投稿日:

当たり前の幸せを・・・。
私は結婚してガキができてホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりしてときどき泣きそうなくらいの幸せを噛み締めるなー...
『荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグ』とか『大皿いっぱいの散らし寿司』とか奥さんとガキには自分がガキの頃に満たされなかったものを埋めてもらってる...
『ケチャップで名前書いたオムライス』『釜で炊いたお米のキレイな狐色のお焦げ』
『ジャガイモとニンジンのゴロゴロしたカレー』みんな夢見るだけで一回も与えられなかったものだ...
『年の数だけロウソクの立ったケーキ』も...
なんか三十過ぎた今になってようやく切ない気分にならずに見られるようになった...最初の頃なんか幸せな食卓に座るたび『なんで私がこんなトコにいるんだろ』とか思ったけど...
自分みたいな1人きりの惨めな飯とか親も不在でお金も食いモンも無くてひもじい思いとかぜったいさせたくないな...

スポンサーリンク




うちね端的に言うと親が超DQNだったの...当時のウチのメシ見たらみんな残飯かゴミかと思うよきっと...幸か不幸か自立して生きて来れた...優しい嫁とも会えたし...元気なガキもできた...だから私はきっと神様っていると思う...

新婚当時は出されたもの食べてた...しばらくして(長男を妊娠した頃か)
『ね好きなものなんでも作るよなに食べたい?』って聞かれたから思わず『おっきいハンバーグ』って答えた...
我ながら30過ぎてなにいってんだ思ったけど嫁はニッて笑って小さめの座布団みたいな超巨大ハンバーグ作ってくれた...
私のこと見ててなんか感じたのかな...爪楊枝のちっちゃな旗が立っててお手製ハンバーグソースで『○○くん大好き』とか書いてあった...

私って妻だけではなく初めて家庭と母親を手に入れたんじゃないのかな...

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.