1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

考えさせられたよ・・・。

投稿日:

俺の、父親は小学6年生のときに首を吊って死んだ。
確かに、そのときは悲しみと驚きで泣いた。でも、自分が大きくなるにつれて、「父親との思い出はあったのだろうか?」と思い始めた。
当時、父親は自営業をしており一緒に遊んだり、どこかへ出かけたりした思い出がない。一緒に喋って些細なことで笑ったりしたことはあったものの、そんな思い出はたいして記憶にない。
勿論、感謝の気持ちもない。

スポンサーリンク


つい先日、幼なじみの女友達が結婚式を挙げた。
スピーチのとき「産んでくれてありがとう。今の私があるのも2人のおかげ。2人の子で良かった。」そんな言葉を言った。そのとき、あんなに頑固で無口な幼なじみの父親が人目を気にせず、ボロボロ泣いていた。

今考えてみると、今の自分がいるのは母親、父親のおかげなんだな。と思う。
やはり、自殺した父親にも感謝すべきとこはあるのだ。友達、彼女、今の生活。あんなことがあったから今の人生があるのかもしれない。
ありがとう。なんて言いたくない。でも感謝という気持ちがあるのは確かだ。矛盾しているようだけど他に言葉が見つからない。
これからは、あなたの妻である、俺の大切な母親を守っていきます。あなたが先に死んだ事を、後悔してしまうぐらい楽しい人生を送ります。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.