1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

婚姻届の手紙

投稿日:

婚姻届の手紙の話になります。この話は思い出すだけで辛いのですが書かせていただきます。

おれは彼女とはコンビニのバイトで出会いました。

彼女のほうが2個年上で入ったときから気にはなってた存在でした。

おれは「付き合ってる人はいないの?」

「いないよ…彼氏はほしいんだけどね」

と言ったので「じゃあ俺と付き合おっか」

と軽いノリで付き合い始めました。

付き合ってから実は好きだったってことを聞いた。

2人でいるときは迫ったりしもしたが

でもいつも「ごめん…それだけはダメなの…」と言われて・・・。

腹いせって言ったらおかしいが俺は浮気した。

そんなんで我慢できるほど大人でもなかった。

しかも浮気がバレたとき彼女は怒らなかった。

むしろ私が悪いんだからしょうがないよ…みたいな感じだったんです。

俺は友達に「浮気もOKとか年上最高」とか言ってた。

ある日彼女から手紙がきた。

「好きな人ができたから別れたいの…」

こんなもんかって感じだった。

俺達は別れた。 しばらくして彼女の妹で俺と同級生の子に呼び出された。

「お姉ちゃんには黙っとけって言われてるんだけど…」

そこで聞かされた

昔乳癌にかかって乳房を片方切除したってこと 。

それが原因で全てを見せたがらなかったこと 。

癌が再発して今入院してるんだってこと 。

好きな人なんかできてなくて俺をまだ好きだってこと 。

スポンサーリンク


俺と付き合ってるときは幸せそうだったってこと 。

涙が出てきた。自分のしたことを後悔した。 。

病室聞いてすぐ病院に行った。

病室に入ると彼女は驚いた表情をみせた。

まるで違う人みたいに痩せこけていた。

「ごめん。俺が悪かった…もう一回やり直そう。言ってくれればよかったのに…そんなこと気にするわけないじゃん」

「ごめん…嫌われたくなかったの………私なんか忘れて他の人探してよ。」

「お前よりいい女なんかいない…お前じゃないとダメなんだよ!」

彼女の眼から涙が溢れた。

「ありがとう……」

俺達はよりを戻した。 それから俺は病室に通いつめた。

しばらくして俺は婚姻届を彼女に見せた。

「俺の分は書いてあるから元気なときに書いて結婚しよう」

彼女は今まで見せたことのないような笑顔を見せた

「うれしいけど…これは書けない。ありがとう…こんな幸せなの初めてかもしれない」

「絶対書けよ!ここ置いとくから!」

しかしその半月後彼女は亡くなった。

葬式にはでなかった。

おれは彼女の死を受け入れたくなかったからだ。

無気力な状態が続いてたある日彼女の妹から手紙が届いた。 中には婚姻届と文章が書かれたものとが入ってた その手紙は彼女が亡くなる前に書いたものだった。

「この手紙を読んでる頃私はこの世にいないと思う。
あなたと一緒にいれて幸せだった。本当に幸せだった。
あなたのことを全部知りたかったし、私の全部を知ってほしかった
けど結局最後まで見せられなかったね。それだけが心残りだよ
婚姻届…本当にうれしかった… でもこれは違う人に書いてもらって…
お墓参りには来ないで!あなたが本当に好きな人が出来たら来て それが私を忘れた証拠になるし私の最後のお願い…
今まで本当にありがとう。 あなたに出会えたことが人生で一番の幸せでした。 大好きだよ。」

と・・・・。本当に本当につらかった・・・。

おれはあれから10年経つがまだ墓参りには行けてません。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.