Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

長かった青春

投稿日:

東急東横線日吉駅。
幼ななじみの子と一緒に通学したいがために、
毎日早起きして坂道を登ってホームにかけつけていた。
朝日が差し込む下りホームの後ろ、階段脇、同じ時刻に彼女は必ずいた。
いつでもまるで子犬のようにじゃれて話しかけてくるその姿に、息が苦しいほど胸が高まった。
進学校に通う彼女とDQN校に通う僕、大学受験が近づき、一緒に通学する機会も減った。
それでも、30歳になる今まで、気さくに連絡をくれた彼女。

スポンサーリンク




東急7000系菊名行での語らいから、電話になり、そして電子メールに。
コミニュケーションのスタイルは変わっても、僕はあの頃と同じようにときめいていた。
ただ、今年になってからのメール、彼女の苗字が変わった。
年賀状には、純白のウエィングドレス姿の彼女の横に見知らぬ男性が手を添えている。
長かった青春が終わったような気がした。彼女といつも待ち合わせたホームは、
地下になり、眩しい朝日は差し込まなくなった。時折通過する特急は、
僕のぽっかり空いた心の中を走り抜けていくようだった。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.