泣ける話

おじいちゃんの青いタバコ

投稿日:

高3の秋の事なんですが・・・・。
大好きだったおじいちゃんが亡くなったんです。
母方の祖父で私は父と仲が悪く、あまり好きじゃなかったので父に怒られたり殴られたりした時はいつもおじいちゃんの家に逃げていました。
高校生になってもボロボロ泣いて飛び込んでくる私におじいちゃんは何も聞かずにたくさん用意してあるお菓子を目の前に出しては
「そんなに泣かないでいいから、これ食べてお茶でも飲め!!!!」
と慰めてくれていたんです。
仕事熱心であんなに元気だったおじいちゃんも3年前に膵臓癌で亡くなったんです。
最近おばあちゃんと2人で、おじいちゃんの使っていた農作業用具の物置を掃除していたら見覚えのあるタバコ入れが落ちていたんです。
病気になってから家族に喫煙をとめられていたにもかかわらずきっと物置に隠れてこっそり吸っていたんじゃないかと思います。おじいちゃんらしいなと感じました。
小さい頃からいつも見ていた青いタバコ入れが物置にポツンと落ちているのを見て私は涙が止まりませんでした。
たまに大声で怒鳴っても、私にはいつも優しかったおじいちゃん。
昏睡状態に入る何日か前に私に笑いかけながら言おうとした言葉は何だったのか聞きたいことも話したいこともまだまだいっぱいありました。
3年経った今でも、ぶどう畑に行けば青いタバコ入れを胸ポケットに入れたおじいちゃんが働いているんじゃないかと思ったりもします。
おじいちゃんのタバコ入れはお仏壇の引き出しにしまってあります。
いつか私が結婚して家を出ることになったら持って行きたいと思ってます。 
それだけ大切な煙草・・・・。
おじいちゃんありがとう。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

交通事故で体がうまく動かかないのに愛してくれる彼氏

私は交通事故にあって左半身に少し麻痺が残ってしまいました・・・。 生活など日常生活困るほどではないけど歩くとおかしいのばれるくらいな体になりました。 私たちの付き合い始めの頃なんですが、それを気にして …

大好きな母親の病気

泣ける話になりますがお付き合いください・・・・。 私は結婚式の前日までは母親と一緒に寝ていました。 大好きな母親と。 隣りに布団を並べるだけではなく2つ並べているのですが、私は母親の布団に入って行きは …

no image

花火の中のプロポーズ

花火の中のプロポーズの話になります。おれにはとある夏に付き合って1年になる彼女がいました。 その彼女とは中学の同級生で成人してから付き合い始めた仲です。 同窓会で3年振りの再会。お互いにどんな性格なの …

no image

旅行の予定が・・・

高校卒業してから4年間何にもしないで家で金を使うことしかしてなかったんだ。 ネトゲやったりとかゲーム買ったりとか。 たまに親にも怒鳴り散らしたりもしたな。 そんな駄目な俺が2年くらい前かな。 カーチャ …

no image

私は歌が好きだから歌い続けます

私は歌が好きだから歌い続けます。いきなりですが私にはこんな過去があったんです・・・。 私が、歌を歌うようになったのは10歳でした。 10歳~14歳までは相手なんてされなかった。 だが、15歳の時に出会 …