1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

癌の余命宣告

投稿日:

癌の余命宣告。

悲しい話になります.....

本当は書くべきじゃないのかも知れないが久々に堪らない思いになった.....

一応医者の端くれとして働いている.....

こういう生業だから人の死に接する機会は少なくない.....

少し前診察に訪れた男性に余命宣告をしたばかりだ.....

私「誠に申し上げにくいのですが…」

男性「はい」

私「…肺癌です.....しかも大分進んでいます.....はっきり言います.....一年持つかどうかです」

男性「…ガ」

私「??????」

男性「ガーン…….....なんちって…」

私「…け結構余裕ですね…」

男性「ええまあ…」

聞けば酒も煙草もやらないと言うのに何とも不憫な巡り合わせであった.....

ただ衝撃的な事実を告げられてもこの歳でこれほど冷静なのにも驚いた.....

男性「ああー参ったな」

私「…」

スポンサーリンク


男性「あの入院とか治療の開始とかすぐ始めないといけませんかね?」

私「ええそれはもう.....すぐにでも取り掛からないと」

男性「うーん.....一ヶ月待って頂けないですか?」

私「何かあるのですか?」

男性「母親が来月楽しみにしていた旅行があるんです.....私がこんなんだって知ったらとても安心して行けないでしょうし」

私「そうですか.....ですが猶予もそう無いのが現状です」

男性「ですよねえ.....参ったなあ.....そういや再来月は父親の誕生日なんですよ」

私「…」

男性「参ったなほんと参った….....時間全然足りないですよ.....まだ親孝行してないんですよ」

段々と声が震えて来る.....

男性「両親にいつか生でオーロラ見せてやるって約束したんですよ.....このまんまじゃ孝行どころか最悪の親不孝者じゃないですか…」

他にも兄弟にああしてやりたかった友人にこうしてやりたかった職場で迷惑を掛けるなど自分の身の上よりもあくまで周囲を気に掛け申し訳ないと悔やんでいた.....

最後の方は泣き崩れてしまった.....

こんな状況ですら他人の事ばかり考えられるような男性がどうして死を目前としなければならないのだろうか.....

どれだけ体験したって決して慣れるものじゃない.....

そしてこんな男性一人救えない私の不甲斐無さに一緒に泣いてしまった.....

スポンサーリンク



大好きなお父さんがガンになった悲しい話
父親のガンが完治したと言われたのにその数か月後に・・・

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.