1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

動物

ライバコウハク号の泣ける話

投稿日:

我が身を呈して騎手を守った「ライバコウハク号」の泣ける話になります。
ライバコウハクは京都大障害(春)をレコードで勝利して春秋連覇するなど1980年代に障害レースで活躍した競走馬です。

スポンサーリンク


1987年暮れの中山大障害でのこと。同レースでは4度の2着が続き同年春は4着でした。大竹柵と呼ばれる障害の壁を飛越し次の大土塁障害を越えようとした瞬間後ろの肢が鈍い音を立てて骨折大きくバランスを崩しながらもライバコウハクは障害を飛び越えますが着地はできず人馬は崩れ落ちてしまいました。

大土塁障害の高さは約140センチもあり障害手前から見ると転倒した騎手は完全に死角となりますがこのときライバコウハクは激痛に耐えながら前肢を突っ張り立ち障害と騎手の間に立ちはだかり後続の馬に騎手が踏まれないように守ったのです。後続の馬が無事通過したあと、ライバコウハクは馬運車が到着する前にコース上で息絶えました。騎乗していた大江原騎手は「命を懸けて守ってくれた馬をぼくは忘れることができない」と語りライバコウハクの写真をずっと部屋に飾っていたそうです。

こんなにも優しい競走馬・・・・。本当に感動し涙しました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.