1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



動物

競馬の祭典 日本ダービー 感動話し|ダービーの感動する話

投稿日:

競馬の祭典 日本ダービー 感動話し|ダービーの感動する話

今から12年前1998年の2月の衝撃的なニュースが飛び込んできた・・・・。
一般紙の社会面に大きく報道されたニュースがある...

「ダービー馬の元馬主が自ら命を絶った」

明るい話題よりも暗い話題の方が多かったその年の競馬界だったが
このニュースもそのひとつだった...
かのチャーチルをして「一国の首相になることよりも難しい」
といわしめたダービー馬の馬主が自らの生命を断ったことに
その天から地への落差に僕は激しい衝撃を覚えた...
それがあのアイネスフウジンの馬主だと聞いて余計だった...

そこから遡ること8年前1990年の日本ダービー...
アイネスフウジンが
大観衆の驚嘆を振り切って鮮やかに逃げ切ったあのダービー...
驚嘆が称賛へと変わるのに
静寂が大地を揺るがさんばかりの大喝采に変わるのに
それほど時間はかからなかった...
あの日府中競馬場はかつてない異様な雰囲気に包まれた...

最近のレース前の空虚で無節操な馬鹿騒ぎではない...
レースが終わった後の自然発生的な盛り上がり...
感動と興奮...

それがバブルという世相の反映だったとしても
しかし着実にエネルギーをためてきた「競馬」という名のマグマが
ついに爆発したことを象徴するひとつの出来事だったことも事実である...
思えばあれがピークだった...
時代も競馬も...

1990年日本独自の暦なら平成2年まさにバブルの絶頂期...
競馬界でいえばあのオグリキャップが
有馬記念で感動のフィナーレを迎える年である...
この年の4歳(現3歳)世代には
後にメジロマックイーンというとんでもなく強い馬が現れるのだが
春の時点ではまだマックイーンの影も形もなく
クラシックロードは混沌としていた...

主役の候補は何頭かいた...
弥生賞を強烈な末脚で豪快に差し切ったメジロライアン...
ハイセイコーの産駒で皐月賞馬のハクタイセイ...
あるいは名脇役ホワイトストーン...
そして3歳チャンピオンで皐月賞でも2着に粘ったアイネスフウジン...

世代の最強馬を決める日がやってきた...
5月27日第57回日本ダービー...

 1番人気 メジロライアン 3.5倍
 2番人気 ハクタイセイ 3.9倍
 3番人気 アイネスフウジン 5.3倍

まさにオッズが混戦を示していた...
ただアイネスフウジンの逃げ切りだけはないだろうと
僕は勝手に思っていた...
府中のクラシックディスタンスを逃げ切るなんて
あのトウショウボーイですらできなかったのだ...
というよりも僕がダービーを見始めてから逃げて勝ったのは
伝説の逃げ馬カブラヤオーただ1頭のみだった...

のちにミホノブルボンやサニーブライアンもそれを成し遂げるが
当時の僕の「常識」では
アイネスフウジンが逃げて勝つというレースパターンはなかった...
その卓越したスピードは認めても
まさかカブラヤオークラスの馬ではあるまいと思っていた...

パドックでの周回が終わり合図とともに騎手が一斉に馬に騎乗する...
メジロライアンの鞍上は若き横山典弘...
乗り代わりでハクタイセイに騎乗するのは天才武豊...
さすがにどちらも顔がこわばっている...
しかしそれ以上に
アイネスフウジン鞍上の中野栄治の表情は険しく眼光は鋭い...
彼のこのレースにかける意気込みが痛いほど伝わってくる...

スポンサーリンク




闘い...
自分との闘い...

思わず剣を片手に大魔王を倒す旅に出てしまいそうな曲に乗って
22頭の優駿たちが晴れの舞台に入場する...
日本ダービーにふさわしい透き通るような青空の下
22頭の優駿たちはターフに立つ...

そしてレースが始まった...

スタートよく飛び出したハクタイセイに比べて
少し遅れぎみのアイネスフウジンだったが
第1コーナーを曲がる頃には予定通り先頭に立ち
向こう正面では後続を4馬身近く引き離す...
府中の2400メートルを逃げ切るつもりだ...
武豊ハクタイセイは3番手の好位置...
横山典弘メジロライアンは中団から少しうしろの位置...
3角で開いた内をついてハクタイセイが先頭に迫る...
そして第4コーナーを曲がって最後の直線...
ハクタイセイが先頭に並びかける...
皐月賞のように差し切るのか...
しかししかしここからアイネスフウジンが突き放す...
朝日杯のように共同通信杯のように
引きつけておいてさらに突き放す...
ハクタイセイは伸びない馬群に沈む...
1番人気メジロライアンは?
いた大外だ!
大外からぐんぐんと伸びてくる...
捕らえるか差し切るか...
しかししかしアイネスフウジンは止まらない...
差は詰まらない...
そのままメジロライアンとの差はそのままに
ついにアイネスフウジンは逃げ切った...
ダービーを逃げ切った...

2分25秒3

堂々のダービーレコード...
文句なしの完勝...
見事な見事なレース運び...

ゴール板を過ぎてもアイネスフウジンは
その余韻を楽しむように駆け続けた...
中野の顔はこわばったままであり眼光は鋭いままである...
彼は何を想い何を考えていたのか...
そしてやっとやっと立ち止まったかと思うと
くるりときびすを返してこちらに引き返そうとした...

そのとき...

どこからともなく「ナカノナカノ」という声が聞こえ始めた...
それは自然に本当に自然に始まった...
やがてそれは大きなうねりとなり瞬く間に大合唱となっていった...
気がつけばスタンドが揺れていた...

ナカノナカノナカノナカノナカノナカノナカノナカノナカノナカノ・・・・・・・・

果てしなく大きくいつまでもどこまでも声は鳴り響いた...
府中競馬場が一種異様な雰囲気に包まれた...
観客も関係者も係員もすべての人が半ば呆然としながら
その歓喜の中に身を包んでいた...

心の底からのコール...
勝者への賛歌...
減量に苦しんできた中野栄治に対する応援歌...
すべての想いが重なり合った大合唱...
これが伝説の「ナカノコール」である...

義務感ではなくただの暴徒でもなく自己満足のひやかしでもない...
心のこもった歓喜の歌...
そんな観客に対して何度も何度も手を挙げて答える中野栄治...
そのとき初めて彼は笑った...
目には涙が浮かんでいた...

レース後の勝利騎手インタビューで
「男泣きです」と目頭を熱くしながら答えた彼は
愛馬のことを「まだまだこれから強くなる」と期待を込めて語った...
このときアイネスフウジンの未来もその関係者の未来も
さらには競馬界全体の未来も輝きに満ちあふれていた...

はずだった...

アイネスフウジンのそれが幻であることに気づいたのは
それから少ししてからだった...
屈腱炎を再発させてしまうのである...
暑い夏が終わろうとしている頃だった...
そのまま引退...
つまりはアイネスフウジンにとっては
あれが最初で最後の歓喜だったのである...

そして冒頭のニュース...
ダービー馬の馬主が自ら命を絶ったしたというニュース...

それ自体はバブルの崩壊そのものが原因で
競馬とは直接関係はなかったらしいが
しかしやはりアイネスフウジンのオーナーが自ら命を絶ったしいう報は
あまりに衝撃的だった...
その人もまたあの歓喜の中にいたかと思うと
よけいに虚しさを増幅させた...

間違いなくあのとき競馬はひとつのピークを迎えていた...
いや今から思えばあれがJRAが求めてきたものそのものだった...
あれがJRAが登りつめた山の頂だったのだ...
登り切った山からはあとは下ることしかできない
ということに気づいたのは
頂から降り始めてしばらくしてからのことだった...

競馬は今確かに斜陽に入っている...競馬の祭典 日本ダービー 感動話し|ダービーの感動する話

スポンサーリンク





武豊騎手がサイレンススズカ故障の夜に生まれて初めて泥酔した泣ける話
スーパークリーク号の感動する話
競馬の泣ける話 グッバイマイライフ





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.