1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんが背番号を66を変えなかった理由

投稿日:

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんが背番号を66を変えなかった理由が

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんは当時、剛速球に切れきれの球を投げてソフトバンクエースに成長した投手になります。その投手の感動話しになります。
彼はずっと背番号「66」を引退まで付けていました。
これだけの数字を残せる投手は「18」など数字が少ないのが恒例なんですが・・・
しかし彼の後ろ姿を天国から見守っている人がいる。
だからこそこの「66」にこだわったんだと・・・。

スポンサーリンク




00年2月に亡くなった斉藤の妻・由美さんの祖父、松尾勇さん(享年88歳)だ。
葬儀の際にも勇さんに着せてあげたのが背番号「66」のユニホーム。
斉藤は、今もそのことを忘れていない。
「これで背番号を変えたらきっとじいちゃんも分からないでしょうからね」と。
その年のオフ、プロ5年目の初勝利でブレークした斉藤は、背番号の変更を球団から打診されたそうです。
それでも、勇さんへの思いもあってかたくなに断ったというから・・・。
「お盆には報告に行こうかなと思ってるんです」と・・・。と由美夫人。
球宴に出場した投手の中で「66」は最も大きい番号。
そして、斉藤の背番号は文字通りのエースの代名詞となった。
人間として素晴らしい話でした・・・。

スポンサーリンク





感動甲子園・高校野球
プロ野球のチケット





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.