1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

アメリカの紳士

投稿日:

この話はアメリカの紳士の素敵な話になります。

隣のテーブルで泣いている人がいたから
アメリカのレストランに現れた紳士と1枚のメモの素敵な話になります。
アメリカの、
それなりに上等なレストランでのこと。
そこに勤める某ウェイター氏は、
母と娘と思われるふたりの女性が
テーブルで泣いていることに気づきます。

とはいえ、
客のプライバシーに踏み込むことは
あってはならない。彼は、
どうしたものかと困り果ててしまいます。

そのときでした。別のテーブルの男性が、
「勘定を」と言ってウェイター氏に伝票……
そして1枚の走り書きを手渡したのでした。
そこには、こうありました。

「お願いがあるのだが、
どうかあちらのお勘定も私につけていただけないか。
どうやら今ちょうど、どなたかがひどく重い病気だと
判明してしまったらしい。彼女たちにはどうぞ内密に」

そう、
この紳士は、哀しみにくれている母娘の
ディナー代を内緒で払ってあげることにしたのです。

スポンサーリンク




楽しいディナー中のはずのとなりのテーブルから、
聞こえてくる沈痛な会話と嗚咽。
彼女たちのごく近い身内……
おそらくは夫(父親)に死期が迫ったこと、
それを彼女たちはたった今知ったのだということに、
この紳士は図らずも気づいたのでしょう。

そこで、
名乗らないままにささやかな
プレゼントをしたというわけ。
なんて、スマートな。

ウェイター氏は、
感動のあまり思わずこのメモを撮り、
imgurにアップします。
そこに添えられた彼のコメントは
「Faith in humanity, restored.
(人の優しさなんてものがまだこの世にあると、
また信じられるようになった)」。

掲示板「reddit」では、
この画像に1日で2000を越えるコメントがつきました。
目立つものをざっと拾ってみることにします。

「なんて優しい心、なんて優しい行動……」

「人間はひどい生き物にもなれるけど、
信じられないくらい優しい存在にもなれるんだね」

「誰だってほんとは、
こんなふうにちゃんとした
心ってものをもってるはず」

「イヤなやつが目立つだけで、
素敵な人はちゃんといるものなのかもね」

「ちょうどこのあいだ母が末期がんの
宣告を受けて、それがどんな気持ちかよくわかった。
俺もこういうことがあったら、迷わず同じことをするよ」

アメリカのレストランに現れた紳士と1枚のメモの話です。

本当に素敵な話ですね。私は感動しすぎて涙腺崩壊してしまいました。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.