Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

最高のパトカー

投稿日:

この話は10年前の5月のGW中の話になります。本当に感動しますのでご覧ください。

その話は、とあるご夫婦が、ケーバンのレンタカーを借りて、佐賀から大分県の佐伯市を目指して出かけたんです。
佐伯市からは23時に四国行きのフェリーが出ていたからだ。

有料道路も整備されていなかった時代なので、充分な時間の余裕をもって出かけたつもりだったが、迷いに迷ってしまい、大分の湯布院に着いたときは、21時だった。

ご主人はこれでは間に合わないとあせって、大分南警察署に飛び込み、佐伯までの近道を聞いた。

警察官は、
「我々、大分の慣れた人間でも、佐伯までは距離があり山道で複雑なので道に迷ったり事故にあうかもしれない。
今晩はあきらめて、ゆっくりここへ泊まり、明日出かけたらどうですか?」
とアドバイスした。

しかし、ご主人は、
「それは、できません。実は、私たちの19歳になる娘が、高知県でウインドサーフィンをやっている最中におぼれて亡くなったという知らせを今日受けたんです。
生きた娘に会いにいくのなら、明日でもいいのですが、死んでしまった娘ですから急いで駆けつけてやりたいのです」
と正直に事情を話した。

それを聞いた、警察官はそういうことなら、「全力をあげて、何とか努力だけはしましょう」と言った。
そして、すぐにフェリーの会社に電話をし、事情を説明して、出港を待って欲しいと頼んだが、
「公共の乗り物でもあるし、キャンセル待ちが何台もあり、難しい。とにかく23時半までには来て下さい」と断られたという。そのやり取りをしている間、もう一人の警察官が署長に了解を取り、車庫のシャッターをあけて閉まってあったパトカーを出してきた。

スポンサーリンク




そして、赤色灯をつけ、レンタカーの前にぴったりつけ、
「今から、この車をパトカーで先導します。
このレンタカーの運転もベテランの警察官が運転しますので、ご夫婦は後ろの席にかわってください」と言った。

そして、ものすごいスピードで大分市内まで降りてきて、
「我々はここから先は送れませんが、とにかくこの10号線をまっすぐに南に下ってください。
そうしたら佐伯に必ず出られます。どうか、頑張って運転してください」
と言って、敬礼をして戻って行った。

佐伯に着くと、警察官の再三再四の要請に、船会社も動いてくれ、1台分のキャンセル待ちのスペースを空けて待っていてくれた。
そして、フェリーになんとか乗ることができ、娘さんを収容して帰ってくることができたという。

娘さんを亡くされたご夫婦は、その後何日間かは、あまりの悲しみで呆然とし、何もできなかった。
しばらくして、気持も落ち着き、「あの時、もし船に間に合わなかったら、どんな気持で1日待っただろうか」と思うと、いてもたってもいられなくなり、大分南警察署にお礼の手紙を出したんです。

そして、その手紙で、皆の知るところとなった、そのときの若い警察官は表彰され、こう言ったという。
「我々だけじゃないと思いますが、人と人との出会いは損か得かじゃありません。損か得かだったら、こういうことは一歩も進みませんから」

本当に本当に素晴らしい話です。感動しました・・・。

スポンサーリンク





遠距離恋愛でやっと結婚できました
交通事故で奥さんの記憶がなくなり・・・





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.