Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれ・・・

投稿日:

西アフリカ西端に位置する共和制国家「ギニア」から、サハラ砂漠の南に位置する内陸国「ブルキナファソ」に向かっていた飛行機の中で、突如、陣痛を訴えたのはNafi Diabyさん。彼女は妊娠28週目だったそうで、まさかこんなにも早く陣痛がくるとは思ってもみなかったのだとか。

スポンサーリンク




※ほとんどの航空会社は、妊娠36週目まで搭乗することが可能。また、28週間以降の場合、医師からの署名付きの手紙が必要となっています突然。
始まった陣痛。客室乗務員によると、乗客に機内食を配り終えた直後に異変に気付いたのだそうで、連絡を受けたほとんどの客室乗務員がNafiさんの下へと集結。すぐに出産の準備に取り掛かったのだそうです。
そう話していた客室乗務員。しかし、妊娠中の女性へのケア、産気づいた際の対応、そして、万が一の空の分娩についても一応の訓練は受けている客室乗務員は、見事に訓練の成果を発揮!その結果、Nafiさんは無事に女の子の赤ちゃんを出産する事が出来たのでした。
その後、飛行機は無事に目的地「ブルキナファソ」に到着。赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれたとのことです。
客室乗務員たちにとって、おそらく初めての出来頃だったに違いありませんが、これは日頃の訓練の賜物。天晴れとしか言い様がありませんね。

スポンサーリンク





交通事故の怖さ
一緒に上京して同居してた親友がバイクで事故った話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.