1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

感動する話

懐かしいお祭りでの金魚すくい

投稿日:

わたしが打っている店(金魚すくい)に兄貴妹と思われる7歳ぐらいの女の子と10歳ぐらいの男の子がやって来た...

妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたがやがてせがむように兄貴の方を見た...

スポンサーリンク


2人の身なりは正直裕福そうには見えず男の子は『1回300円』と書かれた看板を何とも言えない表情で暫く見つめていた...

そしてもう一度妹の方を見てからわたしに向かって

「1回」

と言いながら握り閉めた手を差し出した...

彼の手から渡された三枚の百円硬貨は余程大事に握っていたのかとても熱かった...

妹は満面の笑みを浮かべてわたしから紙を受け取ると夢中で金魚すくいを始めた...

男の子は妹が楽しそうに遊んでいるのを見ながら満足そうだったがやはり自分も遊びたいのだろう身を乗り出してソワソワとしている...

こんな時わたしはわざと手を滑らせて紙を船の中に落とす...

「あーしまった濡れてもうた...しゃーない勿体無いからボク使え」

そう言って濡れた紙を男の子に渡した...

男の子は凄く嬉しそうな顔をして

「ありがとう」

と言うと目を輝かせて金魚すくいをしようとした...

しかしちょうどその時妹が兄貴の傍に寄ろうとして躓いた...

そしてその拍子に兄貴とぶつかり妹の紙が破れてしまった...

妹の泣きそうな顔を見て男の子はわたしに

「あげてもいい」

と手にした紙を見せた...

わたしが頷くと男の子はニッコリ笑って手にした紙を妹に差し出した...

そして妹とわたしに気を遣わせないためだろうか

「わたしちょっと向こう見てくるからここで遊んどけよ」

と言って走り去って行った...

妹は暫く困ったように立ち竦んでいたがやがて再び金魚すくいを始めた...

妹が遊び終わる頃隠れて見ていたのかタイミング良く兄貴が現れた...

そしてわたしに向かって再び

「ありがとう」

と笑顔で言い妹にも同じように言わせると妹の手を引いて行ってしまった...

もう十年も前の話だがわたしは今も彼の笑顔を忘れてはいない...

スポンサーリンク


本当に泣ける話を集めてみました・・・。


100周年のホーウィンモデルの泣ける話
ガンは本当に怖い病気


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.