1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

おこずかい

投稿日:

私には77歳のおばあちゃんがいる・・・...

数ヶ月前におじいちゃんが亡くなり最近はあまり元気が無い...

スポンサーリンク


おばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから父と定期的に行くようにしている...

お墓のこととかこれから決めることが沢山あるのだけどそう言えば実感したことがある...

おじいちゃんの体調が悪くなってからは家に行く度にお小遣いを貰っていた...

1000円だったり2000円だったりおじいちゃんの気分によりけり...

学生からしたら有り難過ぎるし母も『いいのに…』と言っていた...

でもおじいちゃんもおばあちゃんも

『お金の使い道って年寄りになったらそんなにないから』

と言いわざわざポチ袋に入れておばあちゃんの達筆な字でいつも

○○様・・・

これからも頑張ってください

祖父母・・・...

と書かれていた...

言葉は変わることがありテスト後だったら

『成績良かったそうですね...また頑張ってね!』

とかコンクール前だと

『良い結果であるようにおじいちゃんとおばあちゃんも応援しています』

と書いてあった...

でもおじいちゃんが亡くなってからは

『おばあちゃん寂しいけんあんたが泊りに来るなら1000円やろうかね』

と言っていた...

『1泊で1000円あげるけん2泊して行ったら2000円よ』

と笑っていたけどやはり1人って相当きついんだろうな...

しかしこの間もお小遣いを貰った...

『季節の変わり目風邪には気を付けて』

とこれまた達筆な字で書かれていた...

『いやいやおばあちゃんの方が気を付けてよ…』

と突っ込んだがその下に『祖母』としか書かれておらず

『ああそっか』

と思った...

50年以上連れ添って来た人が急に居なくなるのは悲しいんだなと感じた...

だから時間を見つけておばあちゃんに会いに行こうと思う...

スポンサーリンク


本当に泣ける話を集めてみました・・・。


おじいちゃんの青いタバコ
俺とじいちゃんは「じい」「若」と呼び合っていた


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.