1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

スポンサードリンク




感動する話

人間の親切さ

投稿日:

私は学生時代貧乏旅行をした...

そこで素晴らしい人間関係があったんです。

その感動話を書きます。

帰途寝台列車の切符を買ったら残金が80円!

私はもう丸一日何も食べていない...

家に着くのは約36時間後…...

スポンサーリンク


空腹をどうやり過ごすか考えつつ駅のホームでしょんぼりしていんだた...

すると見知らぬおばあちゃんが心配そうな表情で声を掛けてくれた...

訳を話すと持っていた茹で卵を2個分けてくれた...

さらに私のポケットに1000円札をねじ込もうとする...

『さすがにそれは』と遠慮しようと思ったがおばあちゃん曰く

「あなたが大人になって同じ境遇の若者を見たら手を差し伸べてあげなさい...社会ってそういうものよ」

私は感極まって泣いてしまった...

おばあちゃんと別れて列車に乗り込むと同じボックスにはおじいちゃんが...

最近産まれた初孫のことを詠った自作の和歌集を携えて遊びに行くという...

ホチキスで留めただけの冊子だったのであり合わせの糸を撚って紐を作り和綴じにしてあげたんだ...

ただそれだけなのだがおじいちゃんは座席の上に正座してぴったりと手をつきまだ21さいの私に深々と頭を下げたんだ...

「あなたの心づくしは生涯忘れない...孫も果報者だ...物でお礼に代えられるとは思わないが気は心だ...せめて弁当くらいは出させて欲しい...どうか無礼と思わんで下さい」

恐縮したがこちらの心まで温かくなったんだ...

結局車中で2度も最上級の弁当をご馳走になり駅でおばあちゃんに貰ったお金は使わずじまいだったんだ...

何か有意義なことに使おうと思いつつその1000円札は14年後の今もまだ手元にあるんだ...

腹立たしい老人を見ることも少なくないけれどこういう人たちと触れ合うことが出来た私は物凄く幸運だ...

スポンサーリンク


本当に泣ける話を集めてみました・・・。


お好み焼き屋のおばあちゃん
自分の名前もわからない認知症のおばあちゃんの話

スポンサードリンク




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.