Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

引っ越しのお手伝いの感動話し

投稿日:

素敵な話になります。

この話は8年程前の事だったと思います...

無線で呼ばれたお客様宅にお迎えにあがりました...

お送り先は○○病院でした...

20歳ほどのお嬢様さんとお母さまがご乗車され、車いっぱいに荷物を積み込んでのご出発となりました...

スポンサーリンク




聞くところによると、お嬢様さんが○○病院の看護師に採用されたので、寮へのお引越しをするとのことでした...

車中和やかな会話を楽しみ、お送りした後も、お荷物の運搬を手伝って、その日はお別れしました...

それから2年後ほど過ぎた頃でしょうか...

また無線で同じお客様宅にお迎えにあがりました...

その時はお母さまお一人のご乗車で、最初は思い出せなかったのですが、お話しをしているうちに、

「あの日の母お嬢様さんだ...」と記憶が蘇りました...

なんて偶然な運命!

「今日はお1人なのですね...お嬢さんはお元気ですか?」とお尋ねしたところ、

そのお嬢様さんは半年程前に病気で亡くなられた、とお母さまが答えられました...

あまりのことに言葉を失い、「あの若いお嬢様さんが…」と思うと、命の儚さを感じずにはいられませんでした...

信じがたい事実にしばし落ち込む私でしたが、お母さまは私との再会に非常に感激しておられました...

と言いますのも、お嬢様さんが亡くなる直前、病床にて「引越しの時に手伝ってもらって楽しかった」と

元気なころの話をしていただいていたそうなのです...

お母さまは、

「その日の運転手さんの車にまた乗れるなんて、あの子が引き合わせてくれたのかしらね...」

と感動しておられました...

たった1度、私の車に乗ってくれたお嬢様さんが、

きっと苦しいはずの闘病の中で、私のことを覚えていてくれたのは、

もうなんとも言葉にしようがありません...

もう車にお乗り頂くことも、お引越しのお手伝いもできませんが、いつまでも忘れないでいようと思います...

スポンサーリンク




感動した卒園式
園児の優しさに感動です





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.