1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

阪神大震災後の泣ける話

投稿日:

阪神大震災後の泣ける話になります。

当時私はあるファミレスの店員をしてました。

しかし店は震災後ボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になったんです。

開店と同時に満席になって待ち列が出来き繁忙期以上の忙しさだったんです。

お客さんの中には着の身着のままで来る人が居て他のお客さんが

「自分は家が残っているし帰れば着る物がある・・・」

と言って上着を差し出す光景を時折目にして目頭が熱くなったのを憶えているんだ。

本当にここが日本なのかわからくなりました・・・。

そして、お昼を過ぎた頃待ち列の中にやたら身奇麗でアクセサリーを付けた若い男女2組が居たんです。

彼等は使い捨てカメラで撮影しては騒いでいたんです。

正直に案内したくはないなと感じました・・・・。

更に彼等は皆が我慢して並んでいる中に・・・

「早く席に案内してよ!?」

と文句を言うばかりか

スポンサーリンク



「席に着いたら即ビール4つね・・・」「わたしパフェたべたーい」

とワガママ放題なんです。

見るに見かねて喧嘩覚悟で退店願おうとしたその時1人のおじいちゃんが

「あんたら観光に来たのなら頼むから帰ってくれないか!?」

と涙ながらに訴えたんです。

すると彼等は

「カンケーないよ」「ナニか言ってるーさ」

と笑って茶化すだけなんです。

流石に頭に来た私が

「申し訳ないですが出て行ってもらえますか????」

と言葉切った瞬間私の肩をポンと叩いて前に割って入る男性が居たんです。

男性は腕まくりをして見事な刺青を見せ付け傍若無人な若者たちの前に立つと

「おににいちゃんら!???はよ・おうちに帰ってテレビでも見とかんかい!???」

と一喝してくれました。

彼等は黙って埃一つ付いていない国産高級車で帰って行ったんです。

その後ヤの付くヒトであろう男性は帰り際に・・・

「店員さんはケンカしちゃいかんよそういうのはワシらの仕事やからさ(笑)食事ありがとう美味しかったよ」

と言って店を後にしたんです。

その時の男性の埃まみれのパンチパーマにヒビの入ったサングラス少し足を引き摺って歩いて帰って行く姿が印象的だったんです。

本当に素敵な男性でした。

本当にありがとうございます。

スポンサーリンク




海が俺の彼女を奪いました
復興





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.