1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

感動する話

センター試験当日にあった感動する話

投稿日:

ちょうど数十年前のセンター試験の日の話です。
当時の私は、田んぼに雪が降り積もっているとある田舎町に住んでいた。
あたりは見渡す限りの山に囲まれていて、高層ビルなんかも見当たるわけがない。
私はいつも始発の電車で仕事場に向かっていました。

スポンサーリンク


その日もいつものように始発に乗っていたところ、急に電車が停車した。
なんでも、吹雪の影響で電車がこれ以上進むには危険だそうだ。
そのアナウンスを聞いて、乗っていた一人の女子高生が騒いでいる。
携帯電話でどこかにかけていたが、切るとすぐに青ざめた表情になった。
30代くらいの会社員らしき男性が「どうしたの?」と声をかけると、
「センター試験まで間に合わなくなっちゃったんです」と、
涙ながらにこぼした。
電車は動く気配もないし、こんな朝っぱらから通っている車もない。
会場のある隣町までは、この電車でぎりぎり着くかどうか、というところであった。
私は手の打ちどころがないと思っていたら、その会社員が無言で携帯電話を取り出して、
どこかに電話をかけた。
話し終わったら、女子高生へこう告げた。

「今、家内に事情を話したら今すぐ来てくれるそうだ。
5分もあれば迎えが来て、会場まですっ飛ばしてくれるだろう」
彼女は泣きながら会社員にお礼を言った。
そうして数分後に迎えが来て、運転手さんに事情を話しておろしてもらい、会場へとのせてもらっていた。
終始女子高生は会社員にお礼を言ったが、会社員は
「お礼を言う暇があったら、勉強しておきなさい」
と言うほど冷静であった。
それから毎年この時期が近付くとこのことを思いだすけど、
今まで生きていた中で一度もあの人ほど「紳士」という言葉に
似合っている男性は見たことがありません。

あの日は本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.