Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

ポケットの中身

投稿日:

このぽっけ、すごいねんで!
そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いていた友達Aの息子...

スポンサーリンク




ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、小指の先サイズのドラえもん母親とのプリクラそれにムシキングカードなどなど…...

その子にとっての宝物が詰まっていた...

「ぽっけ叩いたら欲しいもん何でも出てくんねん・・・...

それを聞いて少しイジワル言ってみたんだ...

「じゃあミニカー出してみて」

前から欲しがっていたが、持っていない事は知っていた...

その子はムキになって、

「あるもん!!フン!フン!」とポケットをパンパン叩いて宝物を散らかして行った...

私はその子の隙を見て、予め買っておいたミニカーをそっとポケットに忍ばせた...

「フン!…あっ!!」

得意気に出て来たミニカーを私に見せびらかしていたが、物陰で

という顔をしていた...

かなり萌えた...

ある日、Bが死んだ...脳溢血だった...

職場で突然倒れそのまま逝ってしまった...

友達はいわゆるシングルマザーで、家族は60歳を過ぎたご両親だけ...

私達も悲しみに暮れる間も無く、葬儀の準備の手伝い、関係者への連絡などで忙殺されていた...

その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を何度も何度も読んでいたんだ...

通夜が始まり暫く経った頃、彼が居ない事に気付いたんだ...

私と手の空いた者が付近を探した...

暫く探していると友達Bから着信...

小さな公園で見つけたとの事...

急いで駆け付けると、Bは公園の入口で、どういう訳か蹲って泣いていた...

フッ…と公園の中を見ると彼が居た...

暗い街灯の下、

「母さん、母さん…母さん」

と泣きながら必死にポケットを叩いてた...

周りには宝物が散らばっていた...

恥ずかしながら20代女が、その子を慰める前に暫くの間、泣き崩れてしまいました...

声を殺して抱き締める事しか出来なかった...

いつの間にか集まっていたみんなも泣いていた...

あの日は全てが悲しくて仕方が無かった...

あれから2年...

もうポケットは叩く事は無くなった...

代わりに、

「ぐらふぃっくあーてぃすとになんねん(`・ω・´)三3ムフー!!」

が口癖になった...

最近、ずっと絵を描いているのはそれだったのか...

どうやらBが、

「母さんの夢やったんよ」

と教えたらしい...

その話を聞いた瞬間、また泣いてしまった...

子供の言葉で、何だかこちらの方が救われた気がしたんです...

少し画家と混同しているみたいだけど、頑張れ...

アナタには5人の母さんが付いているぞ...

その日までちゃんと、Aの分まで全力で見守っているからね...

スポンサーリンク




本当に泣ける話を集めてみました・・・。


子供といるときの時間の大切さ
子供心





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.