1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

車が命の恩人です

投稿日:

こんな怖い体験をしたのに無傷でよかったです。
私は冬に県外へ出張となり車で朝早にく高速に乗りました。
トンネル入る前は雪も何もなく、いつも通りトンネルを抜けると一面の銀世界が広がっていましたが・・・。
そこで事故が起きました。
トンネルを出るとそこは雪で世界が変わっていました。
もちろん道路にも・・・・。
そんな焦った私は思わず急ブレーキをかけましてしまいました・・・。
すると路面凍結していたためにハンドルなどがロックされ車は80キロのスピードのままスリップしガードレールや雪の壁にバコンバコンとぶつかりました。
私は終わったと・・・。
思いましたが・・・5回ほど衝突をした後に車はやっと止まりました。

その時、人は死ぬときに走馬灯のように幼いころからの記憶を思い描くということを経験したんです。
なにか不思議と交通事故の恐怖はなくゆっくりゆっくりコマ送りのように小さい頃の楽しい思い出やかなしい思い出など思い出している間に気づいたら車は止まっていたんです。
なにかと不思議な感覚でした・・・。
私は死を覚悟していたのですが全くの無傷でした。

スポンサーリンク



その後、警察に連絡し事故処理などしその後も事故車で営業先に向かい仕事をこなしました・・・。
その後車の応急処置をディーラーでしてもらい帰りは下道で職場に戻りました・・・。

後遺症もなく今も元気な私ですが、なんと車はその後廃車になってしまいました・・・。
車が廃車になるほどの事故だったのに怪我ひとつなく他の車や道路を巻き込むことなく仕事もこなせた奇跡的な驚きの話でした。
こんな私をあの車は守ってくれたんです。
本当にありがとう。
心から感謝です。

スポンサーリンク




幸せが一瞬でくずれた 全編
事故がなければ普通の家庭だった





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.