1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

マヨラーのお父さんの泣ける話

投稿日:

いままで誰にいっても信じてもらえなかった話だけど、
わたしは同い年(当時27歳)のお父さんと話をしたことがあるんです。
お父さんはわたしが5歳の時に亡くなったんだけどさ。

わたしが東京から実家に帰る途中の田舎の駅で乗り継ぎを待ってると隣に座る同い年ぐらいの作業服を着た青年・・・

誰もいない夜の駅で気持ち悪かったのもあってたわいもないことを話した。
お互いマヨラーで意気投合した。
たかがマヨネーズの話でここまでもりあがるとは・・・。
しかも同い年だった。
『わたしは病気なのに子供作って大変なんだ』とも言ってた。

色んなことを話し、わたしの仕事を言うとニヤっとして、『すごいなぁ・・・』と嬉しそうに言ってたんだ。
そして『そうか・・・良かった。立派な大人なんだな○○も』と、言ってなかったわたしの名前。
『何で知ってんだ???』と聞くと、
『忘れるもんか。わたしがつけた名前だ。わたしの名前は○○。お前のお父さんだよ』と言って電車が来るのと同時に消えた。

実家に帰るとたまたまお父さんの命日らしくお袋がお父さんが好きだったほうれん草のマヨネーズあえを供えてた。
そういえば、『マヨネーズとほうれん草がうまい』と言ってたんだ。
本当に好きだったんだ・・・


私の自慢のお父さんの話
最愛の娘が嫁にいった感動する話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.