1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

地震の怖さ

投稿日:

地震の怖さを経験しました。わたしが16歳の1月の出来事です。
受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていたときですが・・・。
机の上においてあった参考書が触ってないのに急に落ちたんです。
溜息をついてそれを拾いに机の下にもぐったとき、それが起こった。
1995年1月17日5時47分に・・・。
わたしの住んでいた地方は戦後最大の地震に襲われたんです。
ものすごい地響きといろんなものが壊れる音を机の下で聞いていた。

しばらくして揺れが収まり机から這い出すと・・・
机の向かいにあった窓ガラスが椅子の背もたれに刺さり、机の上はガラスと倒れてきた本棚でぐちゃぐちゃだったんだ。
わたしは拾った参考書をみて驚いた。
参考書だと思っていた本は、おじいちゃん、おばあちゃんに前日買ってもらったばかりの日記帳。
鍵付きで革張りのちょっと高価なものがクラスで流行っていて
わたしも例に漏れず欲しくなり買ってもらったものだった。
あれ?と思って中を開くと最初のページに、
生きていることをただ感謝し毎日を大事にせよと僧侶だったおじいちゃんの言葉が書かれていた。

スポンサーリンク




我に返ったとき、お母さんが血相を変えてわたしの部屋に来た。
机の下で丸まっているわたしを見て無事な姿に大泣きしていた。

その2時間後。おじいちゃん、おばあちゃんが地震で亡くなったと、おじから連絡があった。
ところが、亡くなっていたのは布団の上ではなく2人とも本堂の仏さまの前だったと言う。
後からきいた話でおじいちゃん、おばあちゃんは受験前のわたしのために、毎日朝5時半ごろから仏様に読経をしてくださっていたのだ。
あの日記帳を落としてくれたのは、おじいちゃん、おばあちゃんだったのではないかと思えてなりません。

そのことがあってわたしは受験高校を変更、現在は看護婦をしている。
生きていることを感謝して毎日を大事にしたい。
日記という名の手紙を毎日日記帳につづり、おじいちゃん、おばあちゃんに供えて手をあわせています。今年で8冊目です・・・。

スポンサーリンク





海に奪われた彼女
震災と向き合う12歳の日記





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.