1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

この話はおじいちゃんの感動する話

投稿日:

この話はおじいちゃんの感動する話になります。
我が家のおじいちゃんは手足が不自由でトイレも1人では厳しいんです。
いつもはおばあちゃんが下の世話をしてたんです。

スポンサーリンク




おばあちゃん以外が下の世話をするの嫌がったからなんだけどさ。
ある日の事なんですが家に私とおじいちゃん2人になった。
おばあちゃんが倒れてしまい母と兄は病院に・・・・。
父は会社から直行したからだ。
おじいちゃんと留守番してると申し訳なさそうに
「ももちゃん、悪いんだがトイレにいきたいんだけど」って言った。
私は本当に馬鹿だなって思った。
1人じゃ行けないの知ってたくせに気が付いてあげられないなんて
孫、それも女には言いづらかっただろうなってさ。
トイレに行くとパンパースが小と大で汚れてたんだ。
たくさん我慢させてしまったんだ。
私はおじいちゃんの気を反らそうと学校であった笑い話を精一杯明るく話したんだ。
お風呂場で体を洗ってパンパースつけてホッとしたんです。
同時におばあちゃんは毎日これをしてるんだと思うと何とも言えない気持ちになった。
そして「悪かったね、ありがとう」って五千円をくれようとした。
おじいちゃんは本当に馬鹿だなって思った。
私が赤ちゃんの時、両親は共働きでした。
おしめを変えて育ててくれたのは貴方じゃないですか???
幼稚園だって塾の送り迎えだってしてくれたのは貴方じゃないです?
あれは無償の愛でしょ???
私はおじいちゃんが大好きだよ?だからお金なんかいらないんだよって言ったんです。
私たちは2人してちょっと泣いたんだ。
その日からは介護の人を頼んだり、家族にも頼ってくれたりでおばあちゃんの負担も減った。
家族はしっかり話して助け合いも大切だなと感じた日でした。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.