1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

愛犬の最期 それでも生きたかったのかな

投稿日:

愛犬の最期 それでも生きたかったのかな・・・・。

22歳になるオスの老犬が来ました・・・。

スポンサーリンク




彼はほとんど寝たきりで、飼い主が寝返りを打たせているので、床ずれがいくつも出来ていました・・・。

意識はしっかりしてるのですが、ご飯も飼い主が食べさせている状態でした・・・。

獣医師の診断では

「体は動かなくなっているけれど心臓が丈夫なのでしばらくは生きられます。けれど、本当に、ただ『生きる』だけです。」と・・・。

そんなようなことを言っていたと思います・・・。

そのあとはどのようなやりとりがあったのかはよくわかりませんでしたが、おそらく安楽死を検討されたのでしょう・・・。

飼い主さんはかなり悩んでいたようですが・・・。

一日たった日の終業後、飼い主さんは老犬を連れてやって来ました・・・。

心電図をつなぎ、静脈に薬剤を注入し、静かに老犬は永遠の眠りにつきました・・・。

その日、外は小雨が降っていました・・・。

飼い主さんは獣医師に

「タクシーをお呼びしましょうか」

と言われたのを静かに断り・・・、

22年間一緒に暮らした家族の亡骸をバスタオルに包んで 、小雨のなかを歩いて帰っていきました。

でも愛犬は生きたかったのかなと感じてしまい涙がでます・・・。

スポンサーリンク





交通事故の怖さ
一緒に上京して同居してた親友がバイクで事故った話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.