1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

親父のガン 悲しい話

投稿日:

親父のガン 悲しい話

高校1年の夏休みの出来事です・・・・。両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだんだ。

親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると・・・。

暑さとショックで頭がボーっとしてて、変な汗が出たのを憶えているんだ。

当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あったんだ。

親父が死んだら、高校に通えるわけがないことは明白だった・・・。

そして、俺はお世辞にも優秀とはいえなかったんだ。

スポンサーリンク


クラスでも下位5番には入ってしまう成績だったんだ。

その夏から、親父は抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していったんだ。

メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけていったんだよ。

母親の話では、主治医の見立てでは、もって1-2年だろう・・・・・と・・・。
ただ、親父は弱音を吐くことはなかった。

親父は「高校、大学はなんとかしてやるから、しっかり勉強しろよ」って言ってたよ・・・。

仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。

俺といえば、目標も特になく、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった・・・。

ただ、ボーっと机に向かって勉強するフリだけはしていた。

せめて・・・親父を安心させるためだったと思う。

だから、その後の成績も、とても期待に沿うものではなかった。

ただ、親父の「高校、大学はなんとかしてやる」の言葉が、重かったんだ。

「おまえ、将来、何かやりたいことはないのか????」

高校2年の冬、痩せこけた親父に問いかけられた。

俺は、期末テストで学年ビリから2番をとり、担任からも進路について厳しい話をされていた・・・。

言葉もない俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。

「・・・ないなら、、医者になれ! ・・・勉強して、医者になって、おれの病気を治してくれ!」

上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれたんだ。

自分への情けなさとか怒りとか、色々混じったものが込み上げた。

その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。

それから、猛烈にがむしゃらに勉強した。

高校3年の夏、親父は逝ったんだ。

親父は、闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費をなんとか工面したそうだ。

親父のおかげで、高校卒業できた。

そしてありがたいことに、1年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した・・・。

俺は今、癌専門治療医として働いている。

親父は、「あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ」と母に言ってたそうだ。

まだ、親父の癌を治す力はないが、日夜頑張っているよ。

いつか、親父の癌を治せるように。

だから親父・・・・

おれ頑張るよ・・・・。

スポンサーリンク



交通事故の怖さ
一緒に上京して同居してた親友がバイクで事故った話

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.