1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

おばあちゃんから聞いた戦争のときの泣ける話

投稿日:

私のおばあちゃんから聞いた戦争のときの泣ける話です...

おばあちゃんの兄貴はかなり優秀な人だったそうで
戦闘機に乗って戦ったらしいんだ...
そして神風特攻にて戦死してしまったそうです...

スポンサーリンク




当時おばあちゃんは製糸工場を営んでいる親戚の家に疎開していました...
ある日の夜コツンコツンと雨戸をたたく音がしたそうです...
だれぞと声をかけども返事はなし・・・
しょうがなく重い雨戸を開けたのですがそれでも誰もいない...
おばあちゃんはそれになにか虫の報せを感じたそうで
「兄ちゃんか?」と叫んだそうです...返事はありませんでした...

その後に戦争が終わりおばあちゃんは実家に戻りました...
そして兄貴の戦死の報せと遺品遺書が届いたそうです...

おばあちゃんは母親他の兄弟たちと泣いて泣いて悲しみました...
遺書にはお母さんや他の兄弟について1人1人へのメッセージが書いてありました...

おばあちゃん宛には次のように書かれていたそうです...

「キミイよ...兄ちゃんが天国いけるように祈ってくれ...
弁当を食べてから逝くから空腹の心配は無い...
この国を日本を頼んだぞ...負けても立ち上がれ誇りを捨てるな...
まずしくともよし泥をかぶってもよし...
かねを持ってもうまいものを食ってもよいのだ...
ただひとつ心を汚すな...それが日本人だ...心を汚されたときこそおこれ...
黄色のりぼんがよく似合っていた...兄はいつも共にある...うつくしくあれキミイよ...」
 
おばあちゃんは疎開先の製糸工場にいるとき・・・
当時出来たばかりの新商品である黄色のヒモを・・・
毎日お下げに巻いていたそうです...

あの雨の日にワタシに会いに来たんだとおばあちゃんは生涯信じていました...
本当に戦争はいけません。この世から争いがなくなりますよに・・・。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.