泣ける話

おじいちゃんの戦時中の泣ける話

投稿日:

おじいちゃんの戦時中の泣ける話です。
おじいちゃんが満州に行っとったことは知っとってんけどシベリア行きが確定してもうた時に、友達と逃亡したのは知らなんだ・・・。
何でも2、3日は友達たちと逃亡生活を過ごしとってんけど人数がおると目立つからとるっちゅうことで別れ別れになったさ。
おじいちゃんは1週間ばかり彷徨いやっと船に潜り込んで日本に帰国したらしい。
逃亡中、現地の中国の人々が匿ってくれたりご飯を分けてくれたりしたから、おじいちゃんは中国には足を向けられへんと言っとった。
おじいちゃんはあまり戦争の事を話さなんだ。
それが話すようになった切っ掛けは、逃亡中途中で別れ別れになった戦友から、今も元気であるとるっちゅう手紙が先日届いたから。
相手方が長い時間をかけて、おじいちゃんの無事を信じ、おじいちゃんの消息を探し続けてくれたらしい。
手紙を読みながら、普段泣かへんおじいちゃんが大泣きして膝をついたのに驚いた。
おじいちゃんが泣きながら
「やっと戦争が終わった」
と呟いたのが心に残った。
ほんで、おばあちゃんが私と二人きりになるとよく泣くようになりよった。私が成人してからよくそういうことがあったからずっと不思議やった。
せやから最近会うた時に訳を聞ぃたら、今の私が戦時中に亡くなったおばあちゃんのお母さんに似とるからやと言われた。
おばあちゃんから戦争の話を聞ぃたのも初めてやったから驚いた。
戦争の時、おばあちゃんの母親はまだ7歳やったばあしゃんとその弟を連れて逃げとったねやけど、身重で満足に栄養も摂れへなんだから病気になってしもた。
ほんで娘にウチの代わりに弟を守ってねと言い、防空壕で死んでしもた。
おばあちゃんは県の北部に住んでいたねやけど、米軍から逃げるためにおぼこい弟をおぶって、飲まず食わずで南に歩き続けたらしい。
夜に歩いとる時は心無い人にお化けと間違えられ、石を投げられたこともあったとのことだ。
せやけど力尽きて道に倒れとった時に米軍のジープが来て連れて行かれ、殺されると思ったけどご飯やお菓子をくれたり、お風呂にも入れてくれてえろう良くしてくれはった。
それがえろう嬉しかったから命の恩人の米兵さんにもう一度逢いたいと言っとった。
色々衝撃的やけどおばあちゃんが必死で生き抜いてくれたから今の私がおるので頑張って生きようと思とりますねん・・・。


戦時の恋愛観
戦時中の良い話





-泣ける話
-

執筆者:

関連記事

no image

クロの泣ける話

犬の泣ける話です。 クロ、元気か? 私と私のお布団のないそこで、どうやって寝てるのかい? ちゃんとあったかくて気持ちいいところを見つけたか? 私は今でも寝床でおまえを待ってしまうよ。 肩とふとんの隙間 …

期待だけさせて付き合わない最低な恋愛話

期待だけさせて付き合わない最低な恋愛話 私の悲しい恋愛話になります。 私は好きな人と3回遊んで・・・ しかも全部彼からの誘いだったんですよ。 2回目のドライブのときはわざわざ1時間かけて家まで送ってく …

no image

サッカーオウンゴール

知的障害をもった子がサッカー部にいてな でも皆から邪険にされず(それでも子どもの障害者意識みたいなものはあったけど)仲良くしてて そいつはゴールがどっちかもわからないのにがんばってて・・・ ある日接戦 …

no image

顔の左半分に大きなアザがある母さんの話

昔から、俺の母さんには顔の左半分に大きなアザがあった。 小学生の時なんか、授業参観は嫌で嫌で仕方なかった。 だって、恥ずかしかったから。 クラスメートは授業中も時々後ろを振り返っては、 「お前の母親の …

no image

死なないでほしい

父親が死んでしまったのが中学三年生の時で…それから母親は一人で生計をたてていました。 四人姉弟の真ん中三番目の僕は男一人だった事もありかなり手を妬かせていたと思います。 高校生になってバイトをしても家 …