泣ける話

命賭けのアナウンス

投稿日:

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

 

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼びかけがどのような判断で行われていたかをうかがわせるものとなっています。

 

NHKが入手した音声は、津波で職員や住民、合わせて41人が亡くなった南三陸町の防災対策庁舎から発信された、およそ30分の防災無線の放送をすべて収録したものです。

 

地震発生の直後から放送が始まり、サイレンに続いて、危機管理課の職員だった遠藤未希さんが「震度6弱の地震を観測しました。津波が予想されますので、高台へ避難して下さい」と呼びかけていました。

 

この時点で大津波警報は出ていませんでしたが、町は独自の判断で津波への警戒を呼びかけていました。

 

周囲にいた人の声も収録されていて、大津波警報が出たあと、津波の高さについて「最大6メートルを入れて」と指示され、未希さんは、6メートルという情報と「急いで」とか「直ちに」という言葉を呼びかけに付け加えていました。

 

また、周囲の「潮が引いている」という言葉に反応して「ただいま、海面に変化が見られます」と臨機応変に対応していたことも分かります。

 

津波を目撃したとみられる職員の緊迫した声のあと、未希さんの呼びかけは「津波が襲来しています」という表現に変わっていましたが、高さについては「最大で6メートル」という表現が続き、最後の4回だけ「10メートル」に変わっていました。

 

当時、未希さんたちと一緒に放送を出していた佐藤智係長は「水門の高さが5.5メートルあり、防災対策庁舎の高さも12メートルあったので、6メートルならば庁舎を越えるような津波は来ないと思っていた」と話しています。

 

音声は、なおも放送を続けようとする未希さんの声を遮るように「上へあがっぺ、未希ちゃん、あがっぺ」という周囲の制止のことばで終わっていました。

 

呼びかけは62回で、このうち18回は課長補佐の三浦毅さんが行っていました。

 

男性の声でも呼びかけて、緊張感を持ってもらおうとしたということです。

 

三浦さんは今も行方が分かっていません。

 

この音声を初めて聞いた未希さんの母親の遠藤美恵子さんは「この放送を聞いて、本当に頑張ったんだと分かりました。親として子どもを守ってあげられなかったけど、私たちが未希に守られて、本当にご苦労さまというしかないです」と話していました。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最初で最後のラブレター

私はこの話を聞いて泣いてしまった・・・・。 その話は脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父の話です。 私たち家族は以前からの本人の希望通りで医師から余命があとわずかであることを知らされていたんですが・・・ …

no image

沖縄に行かない?

「沖縄に行かない?」いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。 「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。 就職決ま …

no image

体調が悪くなっても働き続けている方へ

人間なんて贅沢なんだよ。他人が羨ましいんだよ。 いきなり死んでしまわれるともっと時間が欲しかったと思うんだよ。 一人が嫌でやっと見つけたかけがえの無い大切な人だった。 あの夜酔って帰ってきたあなたは「 …

終電での悲しい出来事

かなりのブラック企業の悲しい話です。 男子は毎日朝は6時代の電車で出勤して帰りはほぼで終電でした。 昼飯も食べる時間も無いハ―ドワ―クで休日出勤や徹夜も頻繁な会社です。 そんな毎日の終電で必ず降りる駅 …

no image

寝たきりで学校に通えなかった女子の連絡帳の話

俺が小学校5年生のとき、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子、たまに学校に来たと思ったらすぐに早退しちまうし、最初はあいつだけズルイなぁなんて思ってたよ。 んで、俺 …