Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



動物

我が家の愛犬

投稿日:

この話を思い出して悲しい気持ちになった。愛犬がいなくなった事を思い出してしまった。

それは今年の元旦の事だった。漏れの実家にはKという犬が居た。

スポンサーリンク




Kは漏れが大学の頃に飼い始めて、かれこれ14年。飼い始めの頃は、まだちっちゃくて、
公園に散歩に連れて行っても、懸命についてくるのが精一杯だったのを覚えている。
大学時代は時間の余裕もあったせいか、毎日散歩をしてたよ。散歩用のロープを持ち出すと、大はしゃぎして、飛びついてきたりしてな。
お手とか、お座りとか教えたのも懐かしい。その後、大学を卒業し社会人になり、ひとり暮らしを始めると、
大好きなKに会うことも出来なくなった。正月やお盆に帰ると、忘れもしないで飛びついてくる。
ほんとに、可愛いやつだな。
そんな感じで、約10年が過ぎた。

漏れも仕事が忙しくなり、なかなか実家にも帰れない年が続いた。
去年の暮れ、仕事も落ちつき、正月は実家で過ごそうと、
久々に実家に帰ったわけだ。
Kに久々に会った。相変わらず尻尾をぶんぶん振っている。
相変わらず、飛びついてくる。
漏れも、久々の対面に、馬鹿親さながら可愛がった。その日の夕食時、母から最近Kは年のせいか元気がなく、

寝てばかりいる等の話を聞いた。そんなこんなで、明朝はみんなで、元朝参りにでも行こうと早めに寝たわけだ。

明朝起きて散歩してあげようと思いKの名前を呼んだ。何故か犬小屋で、寝たままだった。
前日の母の話しぶりから、この事かとと思いながら、小屋に近づいて名前を呼び首もとをさすると、いつもの体のぬくもりはなかった。

Kは天国へ行ったんだと理解したくなかったが、それが、現実だったんです。
去年は戌年・・・。
Kは戌年を全うして生き抜きました。

またいつか散歩しような。

本当にかわいかった。Kありがとう。おれはお前と一緒になれて本当に幸せだった。ありがとう泣

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.