Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



動物

かわいがっていたインコとの別れ

投稿日:

かわいがっていたインコとの別れ・・・。
生命ある物はいずれは死んでいきます。

最初に飼ったインコもずっと体調が悪くなる事はなかったのですがいつしか亡くなってしまいました・・・。
動かなくなったあの姿、本当に泣けてきてわたしはいつまでも泣いていたのを覚えています。
ただその頃はまだほかにも色々とインコが残っていたので、寂しさもすぐに減っていきました。

スポンサーリンク




そしてその次に死んでしまったのはうちで初めて卵からかえった子でした・・・。
とてもかわいがっていてしかもしゃべってくれるほどになっていたのですが・・・。
急に死んでしまったのを覚えています。
わたしはずっと泣き続けて、その子の絵を描いたりして毎日過ごしていました。
それが本当に楽しくて幸せでした。

そのへんから次第にわたしの体調も悪くなっていきました。

元々わたしは気管支が弱くインコを飼う事は病院からも禁止されていたのです。
ただどうしても飼いたい、喘息の発作を起こしたらほかの人に貰ってもらうという約束でわたしは飼っていました。
飼ってからはほぼ発作も出ない状態だったので、お母さんはほっとしていたそうですが、
2羽目が亡くなった時から、次第にわたしの体調が悪くなっていってしまったのです・・・。

そして勿論、インコは手放す事に。

結局あれだけ欲しくて買ってもらったインコですが、
2羽との別れはそのインコの死で、
残りの5羽はわたしの体調不良で別れる事になってしまいました。

いずれは別れる事は理解していましたが・・・・。
急に全部のインコがわたしの前からいなくなってしまったのは本当に悲しかったです。
本当にありがとうね・・・。
幸せだったよ・・・・。

スポンサーリンク





本当に動物の殺処分がなくなるのを祈るばかりです
動物の悲しい現実





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.